子どもと無料で楽しむ豊洲公園【東京都江東区、人気の遊び場】

一見これは? と思うけれども豪快に遊べる遊具があります。逆に見ただけで、これは遊び応えがありそうだ! と納得の遊具もあります。シンプルに佇んでいるため、ほんとうの面白さはすぐには気づかないだろうな! と思える遊具もあります。

子どもと遊びに出かけて「ここはいいな」と思えた場所をご紹介しています。あまり見かけないユニークな遊具の内容は濃いのです。遊具のあるエリアはほんの一角で、数も多くはありません。

けれども、遊具の遊び応えだけが豊洲公園の魅力ではないです。無料の楽しみとしても、隣接するがすてなーにがあります。違うサイドに隣接しているのはららぽーと豊洲ららぽーと豊洲キッザニア東京があることでも有名です。

豊洲公園の現在地への移転は、ららぽーと豊洲などとともに、再開発プロジェクトとして一緒に行われたものです。それならば、豊洲公園の遊び方はエリア全体を俯瞰して見てみましょう。



子どもが大型遊具で遊べる豊洲公園をしっかり解説!

他であまり見かけない遊具があります。豊洲公園にあるユニークな遊具には、特に名前がついていないものもあります。やはり、関東では他にあまりない複合遊具については、遊んでみると、見かけない理由はなんとなく分かってきます。

複合遊具は難易度高め?

つかまったり、上ったり、渡ったり、まったく幼児が遊べなくはないながら、難易度が高めです。幼児は下の方や一部で遊ぶだけになりそうです。

それなりに成長しなければ挑戦する気にもならない設定で、これでよしとしている点、公園としてまたユニークといえるでしょう。

スーパーノバで楽しくチャレンジ!

この輪っかのような遊具には名前があります。スーパーノバというこの遊具、絵を見ると上に乗って遊ぶことは分かると思います。

この輪っかは実は回転するようになっています。傾斜しているのは坂を作るためではなく、回転したときに楽しめるようになのです。

輪の外側にギザギザがついているのは、ここを持って回せるようになっているからです。上に乗った人の自重でも回りますが、乗っていない人が回してあげれば強烈です。

どこまで乗ったままでいられるかは、バランス感覚によるでしょう。年齢というより、それぞれの適性や慣れによる違いが大きいハズ。

周囲はクッション性の高いフロア材で覆われています。けれどもあくまで悪ノリしないように、ちょっと注意が必要な遊具です。

ただ過剰な心配は無用です。怖ければ横たわって、しがみついていてもいいです。早めに飛び降りれば、落下もしないでしょう。

わざわざ落とそうと勢いをつけたり、悪ふざけが禁物なのは何だって同じです。もっともこの遊具、簡単には勢いよく回りません。付添の大人が回してあげるとしたら、結構大変です。

未確認半球物体!実は面白さ満点!

それより、豊洲公園で注目したいユニークな遊具はこちらです。この丸いドームのようなものは何でしょうか? 名前のないこの遊具、ふわふわドームではありません。とても固いものです。

遠目にはオブジェ? と思える半球体はやっぱり遊具です。これは駆け上ってみるためにあるのです。だからこそ、周囲がクッションフロアで囲まれているのです。

これは上れることが条件とはいえ、豊洲公園で一番面白い遊具かもしれません。何というシンプルな楽しみなのでしょうか。

豪快に駆け上るお兄さんお姉さんたちをみれば、やってみたくなるでしょう。小さな子どもでも試せます。押してあげて上ったならば、滑り落ちるのもまた楽しいです。

無理目に見えてそうでもない豊洲公園の遊具

ちょっと難しそうな複合遊具にも、同じような考え方があります。アシストしてあげてちょっと無理目のことをやってみるということです。

下の椅子状のところなら誰でも、上の方には自分で乗っても、手伝ってもらってもいいでしょう。

豊洲公園、左右にグラグラ揺れる傾斜板

このちょっとギザギザになった長い棒のような部分、捕まって乗っかると左右にグラグラ揺れます。揺れを楽しむのもよし、揺れるのに耐えながら上の方まで登ってみるのもよしです。

豊洲公園の複合遊具、回転して昇降する台座

こちらは支柱がネジの様になっているのがお分かりでしょうか? 台座のような部分(緑のところとオレンジのところ)を回転させると、グルグルと上ったり下りたりするようになっています。

下のほうで遊ぶならば自分で回りながら、ちょっとだけ昇降を楽しめるでしょう。手伝って貰えば立ったまま上の方に行ってみるのもスリリング。

ここまでご紹介した複合遊具、半球状のもの、スーパーノバ、どれもが妥協はなしです。それでも小さな子どもをまるっきり拒絶してもいません。

砂場やブランコなど定番遊具もあります

他にもブランコ、すっぽりハマれるものとたち漕ぎできるもの。

スプリング遊具も随所に置かれています。

砂場はミニハウス付き、囲いもあって砂をきれいに保っています。

幼児向けの滑り台遊具もあります。

短いロープの梯子かボードを上って滑るもの。

夏には水遊び場もオープン

簡単な水遊び場もあります。

じゃぶじゃぶ池は7月1日~9月第2日曜日まで。期間中の月曜日は祝日でなければお休み。月曜日が祝日ならば翌日がお休みです。稼働時間は10時から16時。

快適設備もいい感じの豊洲公園

じゃぶじゃぶ池の隣に念入りの屋根付きスペースがあります。

じゃぶじゃぶ池の脇もいつでも使えますが、遊具の脇のゆりかもめ(モノレール)の通る道沿いにも屋根付きスペースがあります。

他にも、外周部にはベンチが用意されています。

公園入口付近にあるトイレには、多目的トイレもあります。

子どもの利用に配慮した小さな便器や便座、子ども連れの方のためのオムツ替え台や幼児シートも備わっています。

ららぽーと豊洲は、公園に面したところはフードコートになっています。トイレなどはこちらも完備していますね。

東京ガスの展示館がすてな~には完全無料で利用

公園には東京ガスのがすてな~にが隣接しています。こちらは無料で利用できる施設。「ガス」のことや、エネルギーと地球環境のことなどを楽しく体験学習できます。

がすてな~にの概要
入館料:無料
開館時間:9時30分~17時(最終入館16時30分)
休館日:月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始、施設点検日の休業日あり
住所:東京都江東区豊洲6-1-1
お問合せ先:03-3534-1111

見た目としては、公園の敷地の芝生の中に建っているように見えるがすてな~に。この先の従来は閉鎖されていた地区は、かつて東京ガスの工場。このあたりは東京ガスとゆかりの深い地なのです。

いろいろあった末に、東京ガスが閉鎖していた土地を都に売却しました。それが現在の豊洲市場です。その閉鎖されていたエリアと違い、豊洲公園のあたりは以前から人が立ち入っていたエリアで汚染地帯ではありません。

運営が違うのですから、がすてな~に豊洲公園の一部ではないです。けれども、いかにも一体化しているのも当然、豊洲公園がすてな~に豊洲土地区画整理事業でこの地に移転してきたのは同じです。

楽しい遊具のような、触って動かして体験できる展示物があります。それも一般に公開するためのもの。そして、館内には休憩や食事に使えるスペースも用意されています。

お菓子や飲料の自動販売機もしっかりと設置されています。

東京都心はすぐ近く、水上バスでも行けるららぽーと豊洲

造船場の跡地として遺構が残り、その名もアーバンドックららぽーと豊洲です。子どもにとっても、とびっきりの楽しみが待っているららぽーと豊洲を訪れるには、特別な手段があります。

水上バスに乗って訪れるプランあり

アーバンドックららぽーと豊洲は水上バスの発着場でもあります。東京都観光汽船のヒミコがお台場から豊洲まで、豊洲から浅草まで運行しています(浅草からはお台場へ)。

豊洲発の便は12時40分、14時30分さらに臨時便として16時25分が運行することがあります。

運休日:8月を除く第2火曜日と翌日(2月前後に3週間ほど点検休業あり)
運賃:片道大人1,080円、子ども690円、幼児(1歳~6歳未満)300円

またアーバンランチの定期便は豊洲とお台場を往復しています。運賃は片道大人600円、子ども300円。1日4便の他、臨時便がある日があります。

関連公式サイト:アーバンランチ豊洲便の運航について

また子どもにとってみればららぽーと豊洲といえば特別な場所がキッザニア東京。大人の職業体験(アクティビティ)ができる人気のスポットです。

キッザニア東京の概要

営業時間:第1部9時~15時、第2部16時~21時(完全入替制)
料金:すべて事前予約が必要なプログラムがあり、おのおのによって違います。

公式サイトプログラムと料金一覧

アーバンドックららぽーと豊洲で子どもが喜びそうなお店

  • 妖怪ウォッチオフィシャルショップヨロズマート(キャラショップ)
  • レゴクリップブリック(レゴショップ)
  • アミュージアム(ゲームセンター)
  • カリカチュア・ジャパン(似顔絵)
  • アプレシオ(漫画喫茶)
  • ユナイテッド・シネマ豊洲(シネコンプレックス)
  • キッザニア東京
  • アドベンチャーアイランド(室内遊戯施設)

フードコートからは豊洲公園が見渡せます。

通常席の他に子ども連れには特別な配慮があります。

子どもにピッタリの座席とテーブルが用意されたキッズエリアが隣接。

さらにアドベンチャーアイランドもキッズエリアの横に設けられています。0歳から8歳の子どもと保護者が遊べる室内遊戯場です。

アドベンチャーアイランドの概要

営業時間:11時(土日祝日10時)~21時
料金:子ども30分500円(延長10分毎に100円)、付添の大人時間無制限100円
お問合先:03-6910-1567

ららぽーと豊洲の前の水辺は行政上は春海橋公園。利用者目線からすればすべて一帯のエリアです。豊洲公園の芝生エリアの延長のようにしか思えないでしょう。

地上からは橋が遮りますが、ららぽーと豊洲の上の階からはレインボーブリッジがきれいに見えます。

アーバンドックの名前どおりシンボルとなっている造船場の遺構が目立ちます。

広々としたこの芝生の広場も豊洲公園の魅力です。遊具と合わせて自由に楽しみたいところです。

豊洲公園を訪れるには(アクセスについて)

豊洲駅からすぐ近くです。駅前公園と言ってしまっていいでしょう。公共交通の利便性が高い公園です。反面駐車場は用意されていません。

住所:東京都江東区豊洲2-3-6

【公共交通機関を利用する場合】

最寄駅:豊洲駅(ゆりかもめ豊洲駅1分、東京メトロ有楽町線豊洲駅2分)

【自動車を利用する場合】

駐車場:ありません

ところで、ららぽーと豊洲は都心に近いショッピングモールとしては画期的な、車で利用しやすい施設です。

ららぽーと豊洲は1時間まで駐車場が無料になっています。おまけに入会金、年会費無料の三井ショッピングパークカード会員になれば2時間まで無料、クレジットカードを発行される同じく入会金、年会費無料の三井ショッピングパークカードセゾン会員は、3時間まで駐車場も無料です。

また、がすてな~には利用者のための駐車場が完備されています。裏庭の芝生は豊洲公園の芝生広場までつながっています。

まとめ:遊具はそれなりながらユニーク、周囲は充実

遊具のある一角はそれほど広くもなく、複合遊具も大規模ではなくひたすら遊び甲斐のみが追求されたマニアックなもの。遊んでみれば、とにかく面白い遊具も見かけはただの白い半円球です。

地方や郊外の大きな公園、その大型遊具のようなスケールは、なかなか東京では望めないものです。反面キッザニアのような遊び場こそ、どこにでもあるものではないでしょう。

もしかしたら「無料で楽しむ」ことが東京では難しいのかといえば、アイディアが凝らされた豊洲公園の遊具をみれば、そんなことはない! というのが実感できます。

ましてやここにはがすてな~にが隣接されています。関連記事で触れたことのあるアリオ柏とスマイルパークほど公園化が徹底されていません。けれどもららぽーと豊洲の駐車場の設定は、とにかく訪れてくれる人を歓迎する姿勢が見られます。

関連記事:子どもと無料で遊べる公園 アリオ柏とスマイルパーク

贅沢をしようと思えば、とことんできる環境でもあります。けれども広い芝生広場を上手に使って、食事だってお手軽に済ませることもできます。周囲の環境を生かしながら、完全無料で利用することも可能。遊具のユニークさも合わせて豊洲公園は面白い存在です。

関連公式サイト:アーバンドックららぽーと豊洲