子どもと無料で楽しむ笛吹川フルーツ公園【山梨県山梨市、人気の遊び場】

旬の季節に訪れたならば何もかもが大満足できそうです。果物の一大生産地となっている山の斜面に作られた公園にも、ほんとうにフルーツが実る木が一杯です。

雨でもまったく問題なく遊べるドームがあります。内に設置されているのは大きなネット遊具だったり、楽しい展示があったり。さらには複合遊具やドーム内とは趣を変えた別のネット遊具がある屋外の遊び場遊具広場もあります。

そして目玉になるのはアクアアスレチックでしょう。おおまかにいえばじゃぶじゃぶ池の一種です。けれども山梨県笛吹川フルーツ公園アクアアスレチックは冒険心がとても満たされるアトラクティブな水遊び場。

この水遊び場を訪れるのにピッタリの季節には公園の周囲に立ち並ぶ果樹園の直売所にも「もも」や「ぶどう」などの果物があふれていることでしょう。

子どもと遊びに出かけて「ここはいいな」と思えた場所をご紹介しています。きれいな芝生の広場もあります。眺めの良い足湯や日帰り入浴施設もあります。フルーツに関する展示もなるほど! と興味深いものがあります。

夏場が魅力マックスとはいえ、それだけともいえない笛吹川フルーツ公園のいろいろ。詳細を見てみたいと思います。



子どもが大型遊具で遊べる笛吹川フルーツ公園をしっかり解説!

季節には園内にたわわに実るあらゆる果実は残念ながら狩ることはできません。もっとも公園の周囲は観光目的のもの含めた果樹園で埋め尽くされています。試食やお得な価格での直売も楽しいです。

中には小ぶりであまり商品にならなそうな桃を20円で売っていたり、熟れ切ってもう日持ちしそうもないものは、思い切って丸ごと試食に出されていたり。果物の旬の頃には周囲の環境含めて笛吹川フルーツ公園の魅力となっている感があります。

山梨県笛吹川フルーツ公園の施設概要
名称 施設内容 料金
くだもの広場 オーチャードカフェなど 地元果樹園直営のお店 カフェ、ステージ使用は有料
くだもの館 果物についての展示館 ミニチュアモデルや ゲーム感覚の展示あり 無料(開場9時~17時)
わんぱくドーム 大型ネット遊具のあるドーム 無料(開場9時~17時)
くだもの工房 管理棟、売店、レストラン、図書館、ワークショップあり 商品購入や食事、ワークショップは有料
アクアアスレチック 水遊び遊具場 無料
フルーツアドベンチャー クイズで巡る果樹園 無料
遊具広場 屋外遊具場 無料
ステージ広場 屋外ステージ 有料
その他各種広場 花や果樹、芝生、噴水など 無料
ホテル フルーツパーク富士屋ホテル 利用は有料
足湯 万葉温泉の足湯 有料(100円)10時~17時
日帰り入浴 ぷくぷく 有料
バーベキュー 風香亭 有料
フルーツセンター お土産品売店 商品購入は有料
ドッグラン 犬の運動施設 無料(利用申請が必要)

くだものが材料のスイーツを楽しむカフェや直売所は公園にもあります。ほんとうに多彩な楽しみがある公園です。けれどもやはり「子どもと無料で楽しむ公園」として子どもの遊びにスポットを当てて特集してみます。

豪快に遊びたい!アクアアスレチックは果物の旬とシンクロ

眺めの良さ、施設の充実で飛び抜けた魅力を放つ笛吹川フルーツ公園アクアアスレチックです。

体を思い切り使ったチャレンジが求められる水場のアスレチック遊具はやはり豪快です。そしてたっぷり流れ込む水は果物の季節でもある夏にこそ爽快です。暑さを吹き飛ばす涼感も間違いのない魅力になります。

遊具のあたりに水を供給する流れがあります。その上流には水泳というレベルではないにせよ、小さなプールの役割は果たせそうな場所が!

そこには滝のように水が流れ落ちています。

周囲に配置された水場とは関係ないアスレチック遊具含めて楽しく遊べる場所です。

笛吹川フルーツ公園のアクアアスレチックについては関連記事でさらに詳しくご案内します。

関連記事:【山梨県、人気の水遊び場】子どもと無料で楽しむ夏の公園

わんぱくドームは雨でも大丈夫!大型遊具はネット式ジャングルジム?

笛吹川フルーツ公園の注目すべき遊び場には全天候型のドームもあります。わんぱくドームと名づけられたドームは3つあるドームのうちのひとつ。ここなら天気が悪くても元気に遊べます。

設置されているのはネットを利用した大型の遊具。上ったり、下りたり、ぶら下がったり。複雑な経路も作られて迷路的な感覚でも遊べます。いずれにせよ結構体を使うネット式のジャングルジムとでもいえるものです。

このネット遊具にはこんなポットのようなものもぶら下がっています。

ネットの袋上のものにぶら下がるのとは違ってすっかり隠れてしまえるのが面白いです。

ネットでぶら下がるほうは見かけることも多いですが、このポットのほうは珍しいように思います。やはり何かの実をイメージしているのでしょうか?

この複雑な構造のエリアからは脱出路はありません。隣からネットの階段を伝って入って出ることになります。

隣は三角屋根の構造物でここから上る道が開けています。

複雑なネット構造体の反対側はもっと単純な段差があるだけです。こちらの簡単なコースへ向かうと…

幼児向けの滑り台遊具が待っています。

わんぱくドームは地下でくだもの広場のドームと繋がっています。

展示が興味深いくだもの館、ミニアトラクションはゲーム感覚

ふたつのドームを結ぶ地下のスペースはくだもの館となっています。果物に関する展示があったり、果樹栽培の歴史をたどるミニチュアモデルがあったり。

さらには、ちょっとしたゲーム感覚で遊べるミニアトラクションがあったりします。

ミニアトラクションの種類と内容
フルーツ・シューター くだものキャラを使ったビデオゲーム
フルーツ・クイズ くだものクイズゲーム
フルーツアロマ 香りからフルーツを当てるゲーム
フルーツ・スロット 果実、種、葉、花の組合せを当てるゲーム
フルーツ占い フルーツキャラによる誕生日占い
フルーツ・ピアノ 床に仕込まれた圧力センサーマットで演奏

6種類のミニアトラクションは自由に遊べます。さらにはミニシアターでフルーツに関する映像も上映されています。

くだものに関する展示はとても本格派、例えばももの種類もこんなに一杯。ぶどうについての展示も細かい知識が得れるものでした。

くだもの館から隣のドームに抜けるとくだもの広場、こちらも天候に左右されない場所です。

くだもの広場ではフルーツ三昧のカフェライフも

イベントスペースになっていたり、柑橘類が植えられていたりします。けれども普段の利用としては果物広場はカフェテリアオーチャードカフェがメイン。

フルーツ三昧できるスイーツメニューが揃っています。

オーチャードカフェの営業について
営業時間:10時~16時30分(土・日・祝日は17時まで)
定休日:年末年始(12月29日~31日)

遊具広場にカラフルなネット遊具も!

やはりアスレチック系の趣になっているネット遊具が屋外の遊具広場に設置されています。けれどもこちらは渡りが中心。

遊具の名称も果樹渡りリンゴのネット。想定される利用年齢は小学生以上くらいのようです。

真っ赤なネットがリンゴのネットでしょう。確かにこの赤にはイメージがあります。

となると、その先にあるのが果樹渡り

基本的に捕まるロープが渡してあります。ここに届くことが遊ぶ条件です。だから幼児は対象でないのですね。年齢で分けなければならないというよりもロープに捕まれれば大丈夫でしょう。

波型の補助ロープはさりげなく幅広い年齢への対応ができる工夫です。

ひねりが加えられて難易度が上ったコーナーも!

全体を揺らして楽しめる仕掛けもあって単純ではありません。

ある程度ほっておける年齢の子どもが対象なだけに? 大人がのんびり見守れるベンチがあって日よけもついています。

遊具広場はネット遊具の隣にもっと幼児向けの遊具も揃っています。

ストレートとスクリュータイプの滑り台を備えたコンビネーション遊具。

ターザンロープは平坦に設置されてスタート台から発進するタイプ。なので捕まってみるだけでも大丈夫。

シーソーやブランコなど定番がひととおり揃っています。

園内はロードトレインが運行

園内を巡るロードトレイン利用なら移動が楽チンです。

ロードトレインルート:第一駐車場~森の広場~フルーツアドベンチャー(遊具広場脇)~芝生の広場~くだもの工房前(わんぱくドーム付近)~フルーツセンター
定員:54名

料金:
大人 (片道:400円 / 一日:600円)
子ども (片道:200円 / 一日:300円)

乳児のお世話ならくだもの広場に

くだもの館にオムツ替えや授乳に利用できる施設があります。

くだもの館くだもの広場のあるドームとわんぱく広場のあるドームを結んだ地下の展示スペースのところです。

目にする限り笛吹川フルーツ公園のトイレはどこもオムツ替えにつかえるベビーベットなどがある多目的トイレが併設されていました。

笛吹川フルーツ公園を訪れるには(アクセスについて)

住所:山梨県山梨市江曽原1488(公園管理事務所所在地)

笛吹川フルーツ公園があるのは甲府盆地の東側、笛吹川沿いの平地を東に見下ろす山の斜面になります。高速道路から一帯で盛んな果樹栽培の様子を見ながら車で行くのもいいです。または駅からバスでも専用路線があります。バスは一日遊ぶのが前提のダイヤになっています。

【自動車を利用する場合】

中央高速道路のインターチェンジから訪れられるほか国道140号線雁坂トンネルを利用して秩父方面からアクセスも可能です。

最寄インターチェンジ:中央高速道路一宮御坂、勝沼

インターチェンジからは30分程度です。東京方面からの場合勝沼インターチェンジ、諏訪方面からの場合一宮御坂インターチェンジがおススメです。

駐車場:無料(24時間利用可)

笛吹川フルーツ公園第1駐車場第1駐車場

入口広場へのゲートがあるのが第1駐車場笛吹川フルーツ公園に向かって山を登るフルーツライン沿いでは2番目に現れる駐車場です。

普通車59台、身障者用4台の他、奥の方に臨時の森の広場駐車場もあります。こちらは混雑時の臨時駐車場です。

また園内への進入路を挟んで大型車14台とバイク、自転車用の駐車場がありそこから入口広場へのトンネルがあります。

ゲートのトンネルをくぐると季節にはたわわに実るぶどう棚がお出迎えです。

また園内バスロードトレインの発着点にもなっています。

笛吹川フルーツ公園第2駐車場第2駐車場

フルーツラインを上ってくると第2駐車場がまず目に入ります。

普通車109台、身障者用5台の他、混雑時にはさらに181台分の駐車スペースが解放されます。笛吹川フルーツ公園で最大の駐車場はここです。

遊具広場に最寄りの駐車場でアクアアスレチックまで第1駐車場と同じくらいの距離です。

第2駐車場を利用した際の園内バスロードトレインの乗車は遊具広場脇からになります。

笛吹川フルーツ公園第3駐車場第3駐車場

カフェのあるドーム、くだもの広場横にあるのが第3駐車場わんぱくドームにも近い駐車場ですが普通車12台の小さな駐車場です。

ドッグランは第3駐車場の隣にあります。

笛吹川フルーツ公園フルーツセンター駐車場フルーツセンター駐車場

フルーツセンターの近くにも駐車場があります。やまなしフルーツ温泉ぷくぷくの利用もこちらからになります。施設の利用や買い物以外の目的にはちょっと遠くなります。

【公共交通機関を利用する場合】

山梨市駅より笛吹川フルーツ公園を望む駅前ロータリーから山の上を見るとフルーツ公園の建物が

最寄駅前から眺めると笛吹川フルーツ公園の建物が見えています。市営バスがフルーツ公園まで運行しています。タクシー(料金目安1,600円)と合わせて利用できます。

最寄駅:JR中央本線山梨市駅

フルーツ公園行バス:山梨市営バス(所要時間7分ほど)
運行ルート:山梨市駅~万力公園~フルーツ公園~フルーツセンター
料金:片道100円(小学生未満無料)

笛吹川フルーツ公園のバス停留所バス停留所は第1駐車場のフルーツ公園停留所とフルーツセンター停留所の2カ所

時刻表(フルーツ公園停留所):
駅発公園行時刻 10時30分、13時40分、16時45分
公園発駅行 10時43分、13時53分、17時3分

まとめ:圧巻の水遊び場アクアアスレチック、フルーツに注目もそれだけでなく

笛吹川フルーツ公園周囲の果樹園の豊かさを実感するのは実りの季節、そして売り物といえるアクアアスレチックもまた同じ季節に最盛期を迎えます。だからこそ確かに一度はそんな季節に訪れてすべてを堪能してみたいのも間違いないところです。

とはいえわんぱくドームの大型遊具は雨風など悪天候からも守って、快適な遊びを提供してくれます。普通の幼児向け遊具だって充分揃って楽しく遊べます。

芝生がきれいな空間で思い切り遊ぶのもよし、梅の開花は2月から柿の実りは11月まで、本命のフルーツだって案外見どころは長きに渡ります。

丘陵の眺めは変らないというよりも季節それぞれ。ここは新日本三大夜景の地でもあります。時には富士も眺められるこの公園内のホテルを利用したりリゾート気分満点なところはいつでも変わらない笛吹川フルーツ公園になります。

公式サイト:山梨県笛吹川フルーツ公園