子どもと無料で楽しむ木曽三川公園サリオパーク祖父江【愛知県稲沢市、人気の遊び場】

壮大な砂場に、いくつかの大型遊具が立ち並ぶという極めて異色の公園が、愛知県稲沢市にあるサリオパーク祖父江です。大型遊具の数と種類が、特別なレベルにあるというだけでなく、それらが並ぶ砂場というのも、人の手によるものではなく風の力が作りあげたもの。

そんな、なかなか類を見ることのない自然と、遊具の豪快さが楽しめる遊び場でもあります。子どもと遊びに出かけて「ここはいいな」と思える場所をご紹介しています。木曽川が作った極めて稀な自然景観、祖父江砂丘という河畔砂丘を生かしています。

そんな自然が織りなす資産もあって、ここもまた、国営木曽三川公園のひとつ、ワイルドネイチャープラザがその部分。同じく河川敷の部分にスポーツ施設のある、稲沢市営の市営祖父江ワイルドネイチャー緑地、遊具の充実ぶりが屈指のレベルになる県営木曽川祖父江緑地と合わせて3つでサリオパーク祖父江になっています。

関連記事:よく分かる国営木曽三川公園

水辺でのここならではのものを含む、さまざまなスポーツやバーベキュー、そして大型遊具が出色のサリオパーク祖父江。いつものように独自に撮影した写真を満載して、人気の遊び場へのお出かけに役立つようガイドします。



子どもが大型遊具で遊べるサリオパーク祖父江をしっかり解説!

サリオパーク祖父江で特徴になっている、大型遊具での遊びについては、実際には県営木曽川祖父江緑地のみです。あとは遊具については、ワイルドネイチャープラザにアスレチック遊具が並ぶだけです。

大型遊具が立ち並ぶ県営木曽川祖父江緑地

もっとも祖父江砂丘らしい場所が、遊具で遊べるところそのもの。ゆるやかな砂場の丘にあるのは大型コンビネーション遊具に、ローラー滑り台、ターザンロープ、アスレチック要素が盛り込まれた遊具など、種類も数も、大きさも遊び方もとても多彩です。

スケールの大きな遊具がいくつもあって、さらにゾーンが分けられ、幼児でもたっぷり楽しめる部分も充実しているため、幅広い年齢で楽しめることになります。詳細はサリオパーク祖父江の遊具詳細編とでもいえる、関連記事をご参照ください。

関連記事:子どもと無料で楽しむ公園 木曽川祖父江緑地

国営木曽三川公園ワイルドネイチャープラザにはアスレチック遊具

国営部分となるワイルドネイチャープラザには、大型と呼ぶような遊具はないです。バーベキュー利用エリアとなる、ピクニック広場は芝生の広場と林間エリアになっていて、その一角にたくさんのアスレチック遊具が並んでいます。

アスレチック遊具は林間部分に少しかかり、滑り台もあります。

なかにはシーソーが連なる遊具など、珍しいものも!

遊具・砂遊びエリアとなるこの場所、ご当地らしく砂場もテーマになっています。

また手押しポンプを使い水を利用して、砂場遊びができるように整備されています。砂場の遊びには水は不可欠。それがこれだけふんだんに使えるのは面白いアイディアです。

サリオパーク祖父江の概要

砂(サ)と川(リオ=ポルトガル語源)の公園だというサリオパーク祖父江。3つの一体となっている公園の総称です。

サリオパーク祖父江となる3つの公園
ワイルドネイチャープラザ(国営木曽三川公園)
県営木曽川祖父江緑地
市営ワイルドネイチャー緑地

国営と県営と市営の施設が、一緒になっています。管理も施設もそれぞれのものながら、例えば駐車場にしろ、どこを利用するためにはどこ! といったことは決まっていません。利用する上では、ひとつの公園として使えるからこそのサリオパーク祖父江です。

国営木曽三川公園ワイルドネイチャープラザでできることは!

砂丘といえば、海岸にできる例として鳥取砂丘(鳥取県鳥取市)や、中田島砂丘(静岡県浜松市、砂浜で繋がる御前崎市の浜岡砂丘までを含めれば南遠大砂丘)が知られています。海岸には多くの砂浜がある中でも、砂漠のような風景を眺められる点で代表スポットだからです。

これが内陸部の河畔砂丘となると、やはり大河川の水辺にできる例となる中で、それらしいイメージがある点では祖父江砂丘が、まさに典型例。県営木曽川祖父江緑地として遊びに利用されたり、国営木曽三川公園として保全されている点でも、唯一のスポットといってしまっても差しつかないです。

国営木曽三川公園ワイルドネイチャープラザでは、この独特な環境を生かして、毎年10月上旬に開かれている稲沢サンドフェスタで、砂の造形物が展示されたりします。さらに、祖父江砂丘という特異な地形をもたらす木曽川を、思う存分利用したウォータースポーツの場でもあります。

河畔デッキのある馬飼ビーチは、木曽川でウィンドサーフィンやSUP(スタンドアップパドルボート)など、動力のない水上スポーツの利用区域とされています。これに伴い野外シャワーも設置されています。

また自由に使えるバーべーキューエリアとして、ピクニック広場が整備されています。芝生の広場と林間に7ヵ所の水場、48の野外卓、トイレなどが整備されています。開園時間内に無料で利用でき、予約なども必要ありません。

野外卓を使わず、持参の用具を使ったり、小型テントやタープも設営自由です。ただし、食材は持参、ゴミも持ち帰りがルールになっています。コンロも直火は避け、芝生を保護します。

遊具・砂遊びエリアは、ピクニック広場の一角でワイルドネイチャープラザに関しては、子どもの遊びはあくまでワイルドで自由な感じです。

ワイルドネイチャープラザ利用案内
開園時間:9時30分~17時
休園日:毎月第2月曜日(8月は第4月曜日、休日の場合は翌平日)
年末年始12月31日、1月1日も休園です。
連絡先:0587-97-8722

全部で13の国営公園、ワイルドネイチャープラザはそのひとつ

最初の国営公園となった埼玉県の武蔵丘陵森林公園ができてから13年後、7ヵ所目の国営公園として1987(昭和62)年10月31日に開園したのが国営木曽三川公園木曽三川公園センター水と緑の館という有料の施設があるとはいえ、大型遊具を備え子どもが思いっきり遊べる国営公園としては、例がなかった完全無料の公園になります。

木曽三川公園の利用料:入園料無料、遊具無料、駐車場無料

また木曽三川公園の特徴は、その後も拡大を続けたこと。そしていずれもが、完全無料を継承しています。

国営木曽三川公園の概略
名称 所在地 施設内容 有料施設
子どもの遊びで注目!
フラワーパーク江南
(江南花卉園芸公園)
愛知県江南市 遊具場、水遊び場、貸自転車、センター棟 食堂、
貸自転車、
貸部屋
子どもの遊びで注目!
かさだ広場
岐阜県各務原市 遊具場、芝生広場、自転車道 なし
関連記事:子どもと無料で楽しむ木曽三川公園木曽川水園・かさだ広場
子どもの遊びで注目!
河川環境楽園
岐阜県各務原市 遊具場、観覧車、水族館、
水遊び場、貸自転車、
自然観察施設
県営公園、ハイウェイオアシス、研究施設の複合施設
観覧車、
水族館、
貸自転車、
関連記事:よく分かる河川環境楽園(国営木曽三川公園)
子どもの遊びで注目!
138タワーパーク
愛知県一宮市 遊具場、展望タワー、貸自転車
自然観察施設
貸自転車、
展望塔
子どもの遊びで注目!
ワイルドネイチャープラザ
愛知県稲沢市 遊具場、バーベキュー場、
水上スポーツ施設
「サリオパーク祖父江」の一部
なし
本記事にてご紹介している公園です
桜堤サブセンター 岐阜県羽島市 遊具場、水遊び場、
治水施設展示、自然観察施設
なし
水郷パークセンター 岐阜県海津市 風車、教育施設、貸建物 貸建物
長良川サービスセンター 岐阜県海津市 運動施設 貸部屋
子どもの遊びで注目!
木曽三川公園センター
岐阜県海津市 遊具場、豪農農家屋、カフェ
展望タワー、自然観察施設
展望塔
関連記事:子どもと無料で楽しむ木曽三川公園公園センター
東海広場 愛知県愛西市 アウトドア・スポーツ施設 用具貸出
船頭平河川公園 愛知県愛西市 水辺遊歩道 なし
子どもの遊びで注目!
カルチャービレッジ
三重県桑名市 遊具場、屋根付多目的運動場 運動場
関連記事:子どもと無料で楽しむ木曽三川公園カルチャービレッジ
桑名七里の渡し公園 三重県桑名市 庭園 なし

県営木曽川祖父江緑地、大型遊具で遊ぶ以外のアクティビティ

とかく天然の砂場の大型遊具が目立つ木曽川祖父江緑地。たしかに遊具のある場所がまとまって、コンパクトなところは使いやすいです。そしてもちろん、それだけではないです。

憩いの広場もいくつかあり

他にも遊具エリアに隣接して噴水のある中央広場

芝生でなおかつ木陰もある多目的芝生広場、そこを見下ろす展望広場など憩いの場としても充分機能します。

ローラーすべり台のスタート台近く、ワイルドネイチャープラザとの連絡口もあり、堤防と一体化した祖父江砂丘の頂上付近となる展望広場には、トイレもあります。

ジョギングコース・トリム広場

公園内にはジョギングコースも設定されていて、ゴムチップ舗装されています。脇には健康遊具(器具)も。

ウォータースライダーのある屋外プール

小学生以上が利用できる冒険プールと、水深30 cmのちびっこプール。さらに小学生(身長120 cm)以上はウォータースライダーを利用できます。これらは有料施設。

営業期間:夏休み期間の前後の土日を含む期間無休で営業
利用時間:9時~17時(入場は16時まで)
利用料金:高校生以上400円、3歳以上中学生まで200円、2歳以下無料

テニスコートはハードコートが3面

これも有料になるテニスコートの受付は、管理事務所です。事前予約方法や、休業日にご注意ください。テニスコートに夜間照明はありません。

利用時間:9時~19時(10月~3月は17時)
利用料金:1面2時間まで620円、4時間まで1,230円、8時間まで1,850円

バーベキュー広場は大型パーティ可能な6面を用意

ワイルドネイチャープラザピクニック広場同様、セルフ式で道具・食材はすべて自前、利用料金は無料になっているバーベキュー場。20名程度まで利用可能なスペースが6面あります。

有料となるレンタル品もあり、コンロ1台600円(1面2台まで)、タープ600円(1面1台)、炭400円(2 kg)、着火剤100円(2個)、網のみ200円(1枚)になります。ピクニック広場と違い、利用も管理事務所受付です。

バーベキュー場利用期間:9時~16時(4月~10月のみ)

県営木曽川緑地管理事務所の営業状況

管理事務所営業時間:9時~17時(12月29日~1月3日は休館日)
休業日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
連絡先:0587-97-4255(木曽川祖父江緑地管理事務所)

諸手続きを行う管理事務所のある管理棟は中央広場の隣です。アイスクリームを売っているのは自動販売機(飲料もあり)で、売店はありません。また無料で各種遊具を貸し出しています(幼児用カート、三輪車、フラフープ、砂場セット、ドッチビー、ボール、縄跳び)。

テニスコート、バーベキュー場の事前予約(利用予定前日15時まで)はネットあいちで行います。

関連リンク:ネットあいち

市営ワイルドネイチャー緑地でできるスポーツ

市営のスポーツ施設として野球場2面、ソフトボール場3面、芝生広場があり、野球、ソフトボール、グランドゴルフが楽しめます。

連絡先:0587-97-2100(祖父江町体育館)
利用料:無料(球場は稲沢市在住、在勤、在学10名以上で団体登録して利用)
利用時間:8時~18時(11月~3月は17時まで)
休場日:第4月曜日、年末年始

サリオパーク祖父江を訪れるには(アクセスについて)

国営木曽三川公園ワイルドネイチャープラザ(木曽川河川敷)
住所:愛知県稲沢市祖父江町祖父江
県営木曽川祖父江緑地
住所:愛知県稲沢市祖父江町祖父江鍋島132
市営ワイルドネイチャー緑地(木曽川河川敷)
住所:愛知県稲沢市祖父江町拾野家・四貫地内

駐車場はそれぞれのエリアに無料で用意されています。バス停留所は木曽川祖父江緑地にサリオパーク祖父江停留所として設置されています。ただし、日祝日が運休になることにご注意ください。やはり、自動車での利用が便利な公園です。

公式サイトからの引用

公共交通機関でお越しの方
名鉄尾西線「森上駅」よりタクシーで約10分
名鉄尾西線「森上駅」より巡回バスで約20分

お車でお越しの方
名神高速道路「岐阜羽島IC」より約15分
名古屋方面から:国道155号線『一色下方』交差点を西へ(祖父江方面)。馬飼大橋手前『東馬飼』交差点を右折。『拾町野』交差点を直進すぐ。一色下方交差点から約15分。
岐阜方面から:木曽川右岸(西側)堤防道路を南へ、馬飼大橋を渡り、『馬飼大橋東詰』交差点を左折。『拾町野』交差点を左折すぐ。馬飼大橋から約3分。

【自動車を利用する場合】

駐車場:無料

木曽三川公園ワイルドネイチャープラザ駐車場(630台)

ワイルドネイチャープラザ中央・河畔駐車場(321台)

河川敷を下りた中央駐車場、河畔デッキ前の河畔駐車場木曽川祖父江緑地と堤防を挟んで向かい側。

ピクニック広場駐車場(309台)はやや川下側にあります。ピクニック広場に面し、すなわち遊具・砂遊びエリア最寄です。やや離れるとはいえ木曽川祖父江緑地まで遠いとは思いません。

県営木曽川祖父江緑地第1駐車場

第1駐車場アドベンチャー号を目前として、遊具のある砂丘に隣接しています。

県営木曽川祖父江緑地第2駐車場

木曽川祖父江緑地そのものが、割合コンパクトです。中央広場の先になる第2駐車場を利用しても遠いと感じることはないでしょう(使い勝手はほぼ同じ第1、第2合計140台)。

ピクニック広場駐車場のさらに川下に市営ワイルドネイチャー緑地

祖父江ワイルドネイチャー緑地駐車スペース(約70台ほど)は、サリオパーク祖父江の一番川下側、公園全体からいえばやや外れた場所です。

県営木曽川祖父江緑地駐車場利用時間:6時~19時30分(10月~3月は18時まで)

最寄インターチェンジ:名神高速道路岐阜羽島

公式サイトでも木曽川大堰(馬飼頭首工)である馬飼大橋が目印になっています。この堰は、木曽川と長良川が木曽長良背割堤を隔てて並行し始める付近から木曽川側のすぐ上流部です。岐阜羽島I.Cからは南下すれば木曽長良背割堤に向かうことになり、やはりその手前の馬飼大橋を渡ることになります。サリオパーク祖父江は橋を渡って北側すぐのところです。

【公共交通機関を利用する場合】

最寄り駅:名鉄尾西線山崎駅約3.2 km(バス・タクシー利用は森上駅を推奨)

最寄バス停留所:サリオパーク祖父江
(コミュニティバス祖父江・稲沢線ふれあいの郷系統、名鉄尾西線森上駅乗車でふれあいの郷行、所要時間20分)
利用料金:200円均一(小学生100円、未就学児付添1人毎2人無料他100円)
利用できそうなバス便
森上駅発:9時36分、12時26分、(15時46分)
サリオパーク祖父江発:(10時22分)、13時42分、16時32分

まとめ:遊具での遊びは県営木曽川祖父江緑地が中心

祖父江砂丘の県営木曽川祖父江緑地側が、ちょうど遊具の遊び場になっています。大型遊具から、幼児向けまで種類も数も多く、間違いなくサリオパーク祖父江の特徴となる部分です。

他にもウォータースポーツに取り組みたい場合にも注目。そこまでいかなくとも、屋外プールもあります。バーベキュー場はワイルドネイチャープラザピクニック広場が気ままに自由に使えるのが便利です。市営・県営の運動施設含めてサリオパーク祖父江そのものは相当広い大型公園です。

公式サイト:
国営木曽三川公園
木曽川祖父江緑地
稲沢市祖父江ワイルドネイチャー緑地