子どもと無料で楽しむ龍ケ崎市森林公園【茨城県龍ケ崎市、人気の遊び場】

茨城県龍ケ崎市森林公園

公園入口となる駐車場のところに、ユニークな形状となるターザンロープがあります。珍しいものなので一見の価値アリ! 地味なポイントとはいえ、こんな形なら遊びの楽しさは、どこでもよく見るものとはまるで違ってきます。

子どもと遊びに出かけて「ここはいいな」と思える場所をご紹介しています。真っ先にそんな遊具で迎えて貰える公園。ただし、本当の持ち味を知るためには、森の中に入っていかなければなりません。

看板では竜ヶ崎市森林公園、地域名の表記にはいろいろぶれが!

龍ケ崎市森林公園という名前らしく、森を巡りながらクリアしていくフィールドアスレチックコースがメインになります。平坦な地形ながら本格的な冒険気分を味わえるコースです。そして、この森の中には本格的なキャンプフィールドもあります。

2種類のログハウスとたくさんのキャビンハウスが、テントサイトに加えてあります。このため宿泊可能な公園で、ゆったり過ごせるということ。大型コンビネーション遊具が楽しく、商業施設と隣合わせている、たつのこランド龍ヶ岡公園)もすぐの立地です。

たつのこランド(龍ヶ岡公園)はすぐ近く

ならば、どちらも合わせてじっくり遊べる公園です。東京や近隣からお出かけ気分を盛り上げるのに、ほどよい距離感の街にあります。いつものように独自に撮影した写真を満載して、人気の遊び場へのお出かけに役立つようガイドします。

関連記事:子どもと無料で楽しむ龍ヶ岡公園たつのこランド



子どもが大型遊具で遊べる龍ケ崎森林公園をしっかり解説!

千葉県から利根川を渡る国道6号線を北に進むと、うなぎ屋の店舗が並ぶ界隈に、牛久沼が見えてきます。そこから少し進んだ先が牛久市。ただし牛久沼があるのは龍ケ崎市。国道6号線は、牛久沼の東側の畔を抜けるときだけ、龍ケ崎市を通ります。

龍ケ崎の街があるのは、もっと東側になっています。そのため、敢えて市街地に向かう人以外には、街の様子はあまり知られていない面があります。

竜ヶ崎駅周辺の市街地の北側の丘陵地に、竜ヶ崎ニュータウンが大規模に造成されており、たつのこランドはニュータウンの龍ヶ岡地区に、龍ケ崎市森林公園はさらに少し北に進んだ先、ゴルフ場に囲まれて残っている森林にある公園です。

バス通りからの公園入口、駐車場の隣にはであいの広場

バス通り沿いの公園入口、第1駐車場の隣に車を停めると、さっそく遊具が見えてきます。そこで目立つのは、やはりターザンロープ。ほか、簡単な遊具が並ぶのがであいの広場です。

であいの広場には、ターザンロープの他には小さな滑り台とブランコ。公園管理事務所や売店、トイレなどがあります。遊び場はこじんまりとしたスペースながら、ターザンロープは、ユニークな種類のものです。

掴るロープには、大きなボールがぶら下がっています。腰かけて滑走できるのは楽です。逆に球を足場に、立って滑るならば刺激的です。

関連記事:公園選びの参考書!公園遊具の種類を徹底考察【ターザンロープ】

滑り台とブランコを見れば地味なであいの広場、実は自由でなおかつ挑戦もできるスペース。それもそのはずというのが、龍ケ崎市森林公園の特徴です。というのは、何なのか? この先続く森の中を見てみなければ分らないことです。

また、であいの広場からは、斜面に設置された大きめの滑り台も発進しています。親水施設へ向かうもので、少しだけ本格的な滑り台は、龍のせせらぎのある方へ下りていくことになります。

であいの広場には売店ひまわりも

第1駐車場前に管理事務所、裏に売店ひまわり、間の道の先に簡素なトイレ

売店:福祉の店ひまわり
営業時間:10時~15時(いわゆる夏休み期間頃は16時まで)
営業期間:3月下旬~11月下旬
(3月~7月は月曜定休、9月~11月は土日祝日のみ、夏休み期間頃は無休)

障がいのある人を雇用して、社会参加してもらうことを目的のお店がひまわりで、であいの広場で営業しています。バーベキュー用品を調達できるほか、おやつや軽食、玩具などを販売しています。

アスレチックコースとふれあいの広場

やはり、龍ケ崎市森林公園の本筋は、アスレチックコース

公園管理事務所の横から、11あるアスレチックにトライするため、森の中に入って行きます。コースは、公園をぐるりと1周するように巡ります。

アスレチックコース1 ぐらぐらトンネル

リングで吊るされたネットと、樹脂製のチューブを渡っていくのがぐらぐらトンネル。ネット、チューブ、ネット、チューブ、ネットと続く、決して短くはないルートを、揺られながら抜けて行きます。

アスレチックコース2 ビームラン

ビームランは、3本の平均棒がジグザグに組み合わされています。狙うのはもちろん端から端までの走破です。

アスレチックコース3 ウォールクライマー

ボルダリングで使う、クライミンググリップが仕込まれたウォールが、3枚並ぶウォールクライマー。注目点は真ん中の壁の穴。

上に行ってみるだけでなく、明確に乗り越えてみるところまでが、目標になりそうです。

アスレチックコース4 スカイラダー

スカイラダーはいわゆる雲梯。その以外の何ものでもありません。足許のかなり低い位置に横棒が渡してあります。ただし、足場というより構造上のものな気配。届かないなら利用できない、潔い設計です。

この先はふれあいの広場。桜の木が植えられて花見の人気スポットでもあります。キャンプファイアの指定場所もここです。

アスレチックコース5 ターザンロープ

ふれあいの広場には、であいの広場のものとは違う、ごくごく一般的な形のターザンロープが設置されています。

であいの広場の球がぶら下がっているものと、どちらのタイプも一度に使えて、比較してみるのも面白そうです。こちらのほうが出発台が低いのは、意外な点です。

アスレチックコース6 ジグザグタワー

ふれあいの広場内というか、ほんのちょっとだけ森に踏み込んだ辺りというか、微妙なところに設置されるジグザグタワー。見た目はいかにもな小さなコンビネーション遊具。

長いシングルのものだけでなく、反対サイドには、短い2連の滑り台が組み込まれています。

さらに幼児向けパネル遊具も仕込まれ、ますますコンビネーション遊具風かと思いきや、しっかりアスレチック風味も仕掛けられています。

穴を抜けて、折り返して、しっかりクライミングしなければ、上まで辿り着けない仕組になっています。

アスレチックコース7 インフィニティトリプル

トリッキーな形のクライミングウォール。コンビネーション遊具の上り下りに設置される例は、割とみる難易度を高くするための遊具の部材です。ただし、ここでは3つを組み合わせて、ひとつの遊具にしています。名づけてインフィニティトリプルとそのままです。

アスレチックコース8 小枝トンネル

何が小枝なのかは、ちょっと判然としない小枝トンネル。短いということを象徴しているのか? 簡単な横行トンネルと、やや難易度が上る斜めのトンネルが交差しています。

横になっているほうも、斜めになっている方も内部にはグリップが配置されています。

アスレチックコース9 ジャングルマット

なかなか複雑な段差を形成するゴムマットが吊るされています。ロープに掴りながらその上を渡っていくことになるジャングルマット

一瞬、難しそうでひるむかもしれません。実際には年齢指定も3歳からでそれほどの難易度ではない遊具です。この辺はそろそろ終盤。こんなふうに最後に盛り上げてくれるものが待っています。

アスレチックコース10 あやとりネット

森の中のアスレチックもいよいよこれで最後。あやとりネットは締めにふさわしく、なおさらに難しげ!

それでもこちらも3歳から。つまりどこまで遊ぶのか、どこまで上るのか、どんな風に遊ぶかで難易度は変るということ。自由な発想で遊べそうなのは好感度高いラストステージです。

アスレチックコース11 ターザンロープ

こうして森を抜けると、公園をぐるりとほぼ1周したことになります。戻ってきたのは、であいの広場の黄色いボールが吊り下がった、ユニークなターザンロープのところ。アスレチックコースのゴールでもあったという訳です。

親水施設、龍のせせらぎの池は立ち入り禁止

さて、第1駐車場の隣にあるであいの広場から滑り台で下りた先には、親水施設があります。

水路と池の周りを散策できる場所です。

池については入らないで欲しいと、市からのお願いが書かれています。

龍ケ崎あたりの言い伝えとしてあるのが、日照りを解決するため祈ると、生贄を要求する大竜神が現れた話。困った村人の前に、ひとりのきれいな娘が現れて、大竜神の元に赴いたこと。

そうして雨が降った後に、小竜が体が割けて降ってきたこと。それが娘が変化した竜だったことが書かれた看板と、竜のオブジェが置かれた場所になっています。

こんな龍のせせらぎからは、アスレチックコースで迂回せずに最短距離で、ふれあいのみちを通ってふれあいの広場まで行けます。

有料宿泊施設(宿泊施設とバーベキュー施設)の詳細

龍ケ崎市森林公園のキャビン

龍ケ崎市森林公園には、キャンプ場とバーベキューのできるかまどがあって、有料で利用できます。市民や近隣の方が先に優先的に申し込めますが、空きがあれば誰でも利用は可能。

龍ケ崎市森林公園のログハウス

宿泊施設は暖かい時期のみで、利用できるのは1年でも短い期間。かまどの方は年末年始(12月28日~1月3日)以外は、使えるようになっています。

宿泊施設利用期間:6月15日~9月14日

有料施設の種類
キャビン20棟(定員80人)
ログハウス7棟(A2棟、B5棟、定員32人)
テントサイト5張分
バーベキュー用かまど32ヶ所(内テーブル付き27ヶ所、屋根付きかまど12ヶ所)
有料施設利用料金
ログハウスA4730円
ログハウスB3900円
キャビンハウス3700円
テントサイト1540円
バーベキュー用かまど720円

龍ケ崎森林公園を訪れるには(アクセスについて)

住所:茨城県龍ケ崎市泉町1966番地
連絡先:0297-64-1111(龍ケ崎市役所都市整備部都市施設課)

利用するのに便利な高速道路のI.Cは、東京方面から向かう時でも圏央道の東阿見。龍ケ崎市森林公園には北から南に向かいます。対して電車を使ったならば、南にある竜ヶ崎駅からバスで北に向かいます。

【自動車を利用する場合】

バス通りから公園入口を入ったところが第1駐車場

駐車場:無料(180台)

バス通り沿いの公園入口の辺りに、しっかり整備された第1駐車場があります。アスレチックコースの公式な順番を考えても、こちらを利用するのが通常のパターン。

第2駐車場はふれあい広場に隣接、バス通りとは公園反対側の細い道沿い

公園内で森の中に分け入った先の、ふれあいの広場に隣接するように第2駐車場もあります。ただし、こちらも森の中の細い道を進んだ先。あくまで予備的なものです。

最寄インターチェンジ:首都圏中央連絡自動車道路阿見東約4.7 km

東京方面からは、相当遠回りになっても便利で分かり易いのが、圏央道の阿見東からのアプローチ。インターチェンジからは、一本道で辿り着けます。東京方面の場合で、常磐道から向かっているならば、谷和原I.Cも検討に値します。ただし、道を知らないならば、ナビは必須です。

【公共交通機関を利用する場合】

最寄り駅:関東鉄道竜ヶ崎線竜ヶ崎駅バス19分で運行予定

最寄バス停留所:森林公園(龍ケ崎市コミュニティバスDルート泉線)
バス料金:100円(未就学児無料)

龍ケ崎市コミュニティバスDルートは、竜ヶ崎駅を含む市内循環ルートのバスです。ちょうど公園入口に、バス停留所があります。バス料金には大人、小人などの区別はなく、未就学児は無料です。ランドセルチケットという回数券では、小学生が一回あたりは半額相当になります。ランドセルチケットの利用は、路線で通学する小学生のみで、事前申請が必要です。

まとめ:アスレチックフィールドとしての特徴あり、近隣と活用したい公園

森の中を駆け巡ることになる点で、本格的なフィールドアスレチックの気分が味わえます。龍ケ崎の市街地は、新旧ともに商業施設は充実しています。近くのたつのこランドも、阿見東I.Cに近い牛久大仏も魅力的。

こうした近隣施設と一緒に楽しむと、遊びはより充実しそうです。その時の選択肢としてキャンプ場を検討するならば、龍ケ崎市森林公園を存分に活用できます。

公式サイト:龍ケ崎市龍ケ崎市森林公園
(公式サイトは有料宿泊施設の利用詳細が中心になっています。)