子どもと無料で楽しむ中央こども公園【神奈川県秦野市、人気の遊び場】

子どもと遊びに出かけて「ここはいいな」と思える場所をご紹介しています。秦野市立となる中央こども公園(ペコちゃん公園はだの)は、大型遊具が楽しい公園です。秦野市の中心市街地にあるのに、公園の環境もとてもよいです。

魅力的な遊具がコンパクトにまとまっています。大きなコンビネーション遊具を冒険すると、仕上げに滑るローラー滑り台がユニーク。ふたつが合流して、しまいには幅広いコースが現れます。



ユニークな合流するローラー滑り台、無料駐車場あり

ローラー滑り台は数あれど、こういったものはなかなか見ることがありません。なかよし感満載の遊びを見つけられそう。大きさ、広さをひとり占めも爽快でしょう。しがしながら、一緒に遊ぶ楽しみこそ盛り上りそうです。

安全性を重視したゴムチップの柔らかな舗装や設備の充実したトイレ、秦野市街地のど真ん中にありながら無料の駐車場も備わっています。ここはその気になれば、一切お金を使わずに過ごせる完全無料の公園です。

便利な街の中にある公園ながら、ここは水の豊かな環境を守ることが自慢の秦野市。道を隔てて流れる水無川の遊歩道や芝生広場含めて、快適で使いやすく、すこぶる環境のよい公園です。

秦野のスポーツ、カルチャーのメッカにある中央こども公園

秦野市立中央こども公園の概要

中央こども公園は秦野市の中央運動公園の一部です。水無川に沿った敷地の東側に位置しています。中央運動公園は陸上競技場、野球場、テニスコート、プールが集まっています。

秦野市カルチャーパークは運動施設、文化施設が集積

運動施設の周囲は3つのコースを選べるジョギングコース、さらに隣接して総合体育館やカルチャーホールとなっている文化会館、市立図書館が集まっていて、秦野市カルチャーパークを形成しています。

子どもの遊びのメインステージが中央こども公園

敷地の端で奥行が狭くなっている辺り、確かにここに競技場を作ることはできなそうです。子どものための遊具を充実させようというのは、いいアイディアだったのではと思います。

お蔭で子どもにとっては、かなり遊び甲斐のある公園になりました。中央こども公園は遊具の集まったちびっこ広場と、芝生広場となっているピクニック広場に分かれています。

中央こども公園はペコちゃん公園はだのに

平成30年5月1日からは不二家とのネーミングライツ契約によりペコちゃん公園はだのの愛称がつきました。

子どもが大型遊具で遊べるちびっこ広場をしっかり解説!

ふたつが大きなひとつになって滑り降りるローラー滑り台。とても特徴的で最大の売り物といえます。それだけでなく、スタート地点までには、大きな遊具を渡り歩く冒険が待っています。

園内は思い切り遊べる配慮のクッション舗装済

クッションの効いた舗装でも分かる通り、安全に十分配慮された大型遊具は、さりとて退屈ではなく刺激も充分。子どもの満足な様子を期待するに充分です。

メインとなるのは特徴あるローラー滑り台、大型コンビネーション遊具

合流するローラー滑り台のそれぞれは、一方はそれなりの高さから、もう一方は地上からも近く安心感のある高さです。年齢や子どもの発育、意欲に合わせた選択肢が提供されてうれしい遊具です。

滑り台の手前の大型遊具は、なかなか刺激的です。そこからローラー滑り台に差し掛かるのですが、最後にトライするのは、刺激を極限にまで盛り立てるかのような高さ。ただし、中央こども公園ちびっこ広場のローラー滑り台の特徴は、このスタート台から始めるのかどうか選択肢があること。

いかにもやさしい、安心感のあるスタート台を選んでもいいのです。どちらにせよ、同じゴールを迎えられるのも面白いところです。

上から滑り降てくるお兄さん、お姉さんに合わせて発進! なんていうゲーム性も期待できます。うまく合流できたら喝采です。下で待ちかまえれば絶好のシャッターチャンスです。

刺激的な遊具には幼児でも楽しめる仕掛けも

大型コンビネーション遊具もスタートはかなりやさしい難易度。幼児でも遊べる配慮は、お約束とはいえうれしいものです。

この辺でぐるぐる走り回っても、幼児の頃なら楽しそうです。地面の舗装は柔らかいです。

もちろん、それだけで済まさないのが中央こども公園の大型コンビネーション遊具。先に進めば違った楽しみが待っています。

難易度の上がり方は少しづつ。さりげない遊びの中で、いろいろな能力が鍛えられれば喜ばしいことです。単純に階段を登り、滑り降りてもよし。頭と手と足を使って、工夫してよじ登ってもよし。網に絡まりながら苦戦するのも… いいでしょう!

低学年での挑戦? 高学年の喜び? 楽しみは年齢それぞれ

挑戦とは何も危険を冒すことではありません。安全でいながらドキドキは充分味わえます。この辺りが中間地点です。すでに趣向はいろいろです。ある程度の腕力が必要に思える、こんなのにチャレンジしてみるか! 遊具に較べてロープが新しいところなど、常にメンテナンスされている様子が伺えます。


もちろん、ロープをよじ登らなければならないのではありません。簡単に進める迂回路はあります。

仕掛けは随所に! ちょっとした困難も一歩一歩。難しい子もいれば簡単な子もいます。いろいろありますから、それぞれ楽しめます。

もし立ち止まるようなら励ましてあげて。落ち着けばクリアできます。落ちることだってありません。しっかり対処すれば達成感が味わえるはずです。写真では横に、ちょっと想定外の遊び方のお子さんもいらっしゃいます。

グラグラが楽しい? 少しスリリング? そんな吊り橋も定番です。バランスをとってこなしていきましょう。

締めはローラー滑り台、何度もトライするのがよさそう

いよいよ合流するローラー滑り台に辿り着けば冒険はひと段落。さあ、もう一丁行きますか? 長さなど規模が飛び抜けている訳でありません。これだけでお腹一杯というより、なんどもトライしたくなるほどよい規模感です。

もっとも最大の面白さは、やはり途中で合流して幅広いコースでフィニッシュとなることです。

他にも小ネタの遊具もあります

滑り台の終着点の先には、中央こども公園を使うときに便利なカルチャーパークの無料駐車場があります。その間にあるのは、遊具というよりトレーニングマシン。ジョギングがてらのトレーニング機器といった趣です。カルチャーパークをぐるりとひと回りするとすれば、中央こども公園は入口部分といえる位置関係です。

トレーニング機器は別として子どもが遊べる小ネタの遊具もあります。ターザンロープは1レーン。

大型遊具の出発点の辺りには、ごく小さな子どもでも楽しめそうな遊具やブランコもあります。ブランコのデザインが楽しげなのがお分かり頂けると思います。

ランチタイムに期待が膨らむ施設、乳児連れでも満足な設備も

幼児向けの遊具の手前には、ベンチ付きの大きなテーブルが4つ並んで配置されています。休憩やお弁当を食べるのにいい感じです。

もしかしたらこのベンチは、簡単にお弁当を食べるだけではもったいないかも。事前にデリカテッセンを利用したり、充実のランチタイムの用意をして楽しみたくなるシートです。

公園の雰囲気もどことなくおしゃれな感じがします。広大な公園ではありませんが、たっぷりの時間をゆったりと過ごしてみたいです。

乳幼児を連れてくる場合の配慮も抜かりありません。中央こども公園はカルチャーパークの一部なこともあり、施設の整備状況はかなり力が入っていると感じます。

カルチャーパークそのものが秦野市屈指の規模の公営レジャースポットですし、中央こども公園の大型コンビネーション遊具は秦野市で最大のものとのことです。

オムツ替えだって問題ありません。トイレもキレイ。気持ちよく使えます。

ピクニック広場を利用するならば忘れたくないのは?

さて刺激的な遊具だけでなく、まったり遊べて乳児でさえ安心の中央こども公園。さらに別の視点の遊び場としていいなと思える場所も用意されています。

遊具で遊べる「ちびっこ広場」の隣は広い芝生の「ピクニック広場」

ここを利用するならピクニック気分を満喫できる準備が欲しいです。レジャーシートにお弁当は必携です。お弁当を持参するなら重ねて持ち運べる食器などあると便利かも。

ちびっこ広場は大型遊具などを楽しむとして、こちらは自前の遊び道具が欲しいです。楽しめそうなのはボール? フリスビー? 羽根つき? 思いっきり駆け回ることになるでしょう。

遊び尽くすには荷物は多くなるかも

着替えやタオルなどももちろん忘れないようにしたいです。いずれにせよ、どさっと持ち歩けるバックを探してみたくはありませんか?

秦野の水は全国1位!の評価

江戸時代に信仰が深まった、大山を始めとする丹沢の山々を背景に小盆地となっています。秦野市は市街地からどちらに向かっても、豊かな自然に囲まれた街。

丹沢や南側の渋沢丘陵のみならず、そこかしこで湧水がみられます。この地下水源は秦野市の自慢で、積極的に保全処置が取られているのです。

多数の水汲み場があります。中央こども公園の道すがら名水を手に入れるのも一興でしょう。秦野の地下水を堪能する、よい機会になります。

秦野名水まっぷ

この地下水を一旦塩素消毒したのち、塩素を取り除いているのが環境省の名水百選選挙「おいしさがすばらしい名水部門」で全国1位となった「おいしい秦野の水~丹沢の雫~」です。

中央こども公園の入口、トイレなどがある管理棟の横に自動販売機があります。丹沢の雫はここでも購入できます。暑い日などは特に水分補給に気をつけたいものです。ご当地の銘品として試してみてはいかがでしょうか。

ボトルドウォーター「おいしい秦野の水~丹沢の雫~」

ちなみに放射性物質の測定でもセシウム134、137ともに不検出です。地元に小規模な乳業メーカーですが、あしがら乳業があります。その製品となる「きんたろう牛乳」も近隣の牛だけを使いまったく不検出となっていて子どもにも安心な環境がうかがえてうれしい限りです。

きんたろう牛乳の測定値 「べぐれでねが」さんより

秦野市立中央こども公園を訪れるには(アクセスについて)

住所:神奈川県秦野市平沢148(中央運動公園住所になります。)
カルチャーパーク管理事務所:0463-82-1324

中央こども公園は秦野市の市街地にありますが駅のすぐ近くではありません。秦野市を貫く主要道路の国道246号線から少し入ったところにあります。やはり車での利用が便利です。なにしろ無料の駐車場が隣にあるのです。

けれども市街地だけあってバス便も便利です。電車で向かっても決して不便は感じないでしょう。

【自動車を利用する場合】

駐車場:無料

カルチャーパークにはいくつかの無料駐車場が備わっています。そのうち第5駐車場が中央こども公園に隣接しています。

カルチャーパーク第5駐車場

駐車台数:39台(うち、身障者用2台)
利用時間:8時30分~18時30分(10月~3月は17時30分)まで

中央こども公園の横を走る水無川に沿った道路から入っていけるようになっています。

【公共交通機関を利用する場合】

最寄り駅:小田急小田原線「秦野駅」、「渋沢駅」からバス便
最寄バス停留所:「カルチャーパーク前」、「富士見橋・警察署入口」
所要時間:秦野駅8分、渋沢駅10分、徒歩3~5分程度

バス通りは中央こども公園のあるカルチャーパークの水無川対岸になっています。そのため橋を渡ることになります。ここに挙げたふたつが橋を渡りやすい停留所です。

公園全体のアクセスで紹介されているのは「カルチャーパーク前」ですが中央こども公園に向かうならば「富士見橋・警察署入口」でも大丈夫。

バス停からの距離は心持ち「富士見橋・警察署入口」が近いかなというくらいで、どちらでもほぼ同じくらいです。

バス系統早見表

利用駅 系統 行き先
秦野駅(所要時間8分程) 秦08 日立製作所・桜土手経由、渋沢駅北口行
秦12 カルチャーパーク前、大倉入口経由、渋沢駅北口行
秦11 富士見橋経由、高砂車庫前行
渋沢駅北口(所要時間10分程、秦12は15分程) 秦08 日立製作所・桜土手経由、秦野駅行
秦12 カルチャーパーク前、大倉入口経由、秦野駅行

(所要時間はカルチャーパーク前停留所)

秦8系統と秦12系統は秦野駅と渋沢駅を結ぶ路線です。秦野駅からの秦11系統を含めて多数が運行しています。子どもが遊ぶような時間帯で運行時間を気にする必要はありません。

バス運賃:大人180円、小人90円(IC運賃大人175円、小人88円)

ご注意を!! 渋沢駅より秦12利用の場合大人250円、小人130円(IC運賃大人247円、小人124円)となります。

まとめ:市街地の公園らしい利便性、遊具のスケールが魅力

便利なアクセスは、さすがに市街地の公園だけあります。またカルチャーパークそのものが、秦野のメジャースポットです。街のなかだけあって遊びに行く前、後の予定を立てるのにも困りません。

桜の季節には地域の著名な花見スポットとなるのが水無川。その川岸にあり、大きな公園の一角を占めるだけに気持ちのいい環境もおススメできます。肝心の遊具のスケールも大満足のレベルなはずです。

公式サイト:秦野市 中央運動公園中央こども公園