子どもと無料で楽しむ中井中央公園【神奈川県中井町、人気の遊び場】

神奈川県でも有数の規模となるローラー滑り台を擁しながらも中井中央公園は著名スポットとは言えないでしょう。子どもと遊びに出かけて「ここはいいな」と思える場所をご紹介しています。今回はちょっと穴場的な公園をご紹介します。けれども侮るなかれです。

丘の上に開けた開放的で気持ちのいい公園です。売り物のローラー滑り台だけでなく14種類の豊富な遊具が出迎えてくれます。ゆったりと配置され、なおかつ遊具コーナーは床面も安全にしっかり配慮されています。夏に水遊びをするにも、きれいで設備も整っているのがうれしいです。

行ってみれば質の高い公園だなと、よい印象を抱くこと間違いなし。機会があったらぜひ体験してみて欲しい場所です。

メジャーな公園でないこともあり、駐車場は無料です。神奈川県では魅力ある公園の中で遊具は無料でも駐車場は料金がかかることがあったりします。中井中央公園ならば、その気になれば一切の費用が要らずに遊ぶことができます。

さらに抜群の眺望がついてきます。富士山の絶景はたまりません。



子どもが大型遊具で遊べる中井中央公園をしっかり解説!

遊具のある場所は遊びの広場。なかでも3つの遊具が目立っています。

ローラー滑り台

ロープスライダー(ターザンロープ)

スライダーは二人並んで競争できるタイプ。

ロープクライミング(ザイルクライミング)

ロープクライミングはいわゆるザイルネット。公園遊具としてのザイルネットはジャングルジムの発展形といえるでしょう。中井中央公園ロープクライミングは、規模としてはお手軽サイズの気楽なものです。

ザイルネットについてのあれこれを特集した関連記事があります。

関連記事:【おすすめ遊具】公園選び写真満載の参考書、どこにある?が一目瞭然

遊びの広場

どのくらいの大きさなのか公式サイトからスペックを抜き出してみます。

遊びの広場、14種類の遊具のうち主要3種のスペック

遊具の種類 台数 スペック
ローラー滑り台 1基 全長101.7 m
ロープスライダー 2基 スライダー長20 m
ロープクライミング 1基 幅15 m、高さ6 m

神奈川県内有数の規模、ランキングは?

神奈川県小田原市おだわら諏訪の原公園のローラースライダー小田原市諏訪の原公園のローラー滑り台

神奈川県で最も長いローラー滑り台は小田原の諏訪の原公園のものです。全長は169 mあって群を抜いて1位です。そこから100 m規模のものが続きます。こどもの国(横浜市)110 m、中井中央公園の近くの吾妻山公園(二宮町)102 mに続いて県内4位と思われます。神奈川県でも100 m越えのものは6つだけ。全国でみても100 mを越えれば長いほうでしょう。

動画でナンバーワンと比較! 目で確かめてみましょう

中井中央公園ローラー滑り台の滑走動画

諏訪の原公園ローラー滑り台の滑走動画

中井中央公園のほうも出だしは結構高さを維持しているのですが、どちらかというと斜面に沿って降りている感じです。

おだわら諏訪の原公園のほうは設置されている斜面が急なこともあるのか、ずっと高さを維持しています。怖さがある反面の迫力はあります。ただ結果として登るのがきついです。

ローラー滑り台に特化しているおだわら諏訪の原公園のもの。一度でそこそこお腹一杯な感じに対して、中井中央公園は下の遊具も合わせて遊びながら、何度か滑るタイプでしょう。それだけに登る途中の木製遊具が使用中止なのがちょっと残念です。

抜群の眺望、我が物にできる場所に休憩所

中井中央公園の場合、何といっても売り物が富士山を含めた眺望です。

富士山を見事に眺められる公園の一覧が載っているまとめの関連記事があります。

関連記事:日帰りのお出かけ東京(関東周辺)版、【富士山を眺めるおすすめ公園】

スタート地点の横を少しだけ登ると展望台のようになっていて、屋根付きの休憩スペースもここにあります。

自動販売機は、ローラー滑り台で降りたところから道路を渡った里やま直売所の横にあります。飲み物とアイスの販売機です。せっかくだから冷えた飲み物もアイスもここで頂きたい?

暑い時でもクーラーボックスのようなものがあれば願いは叶います! 展望台の外側の斜面に敷物を引いてゆったりとするのもよさそうです。この芝生の気持ちよさがいいところ。準備を忘れずトライしてみてください。

ローラー滑り台利用の注意点は

対象年齢は6才から12才程度ということです。けれども、こういう注意書きは中学生以上が遊ぶなってことよりも、小さな子どもが主役ですってことです。小さな子どものペースで遊べるようにお願いしますということになります。

その意味でも手すりを持って座って滑りましょう、というのは分かります。もちろん立って滑ったら危ないです。小さな子どもは速く滑らなくても楽しいです。自然と足と手を使って好きなスピードに調整しますね。

ただ、書いてある通り手すりを持つならば、軍手を用意してあげたいです。実際には足でスピード調整すると思います。ですが手すりを持てばやはり安心できます。

その場合は下手をすれば手が摩擦で痛くなっちゃいます。手すりを持ってスピードダウンして、一度放してまた掴むならいいです。けれどもずっと滑らせていると心配です。

ただし、お尻マットを使うならば、手は取っ手を掴んでいるものでしょう。中井中央公園では無料で貸してもらえます。沢山用意してあっていい感じ。こうして考えてみればとことん無料です。持っていなくても買う必要はありません。

他の遊具はどんな感じ

大きなローラースライダーだけでなく普通サイズの遊具もあります。

このタイプのよくある中でもちょっと挑戦する感じ。床面が土の地面でなくて柔らかなタイプです。でもしっかり掴れば大丈夫、クリアできるはずです。

ほんとうに幼児向けのものもあります。全部で14種類の遊具で遊べる中井中央公園です。

水辺の広場

遊びの広場の隣、南側駐車場との間に水辺の広場があります。主に夏の期間の遊び場です。

季節にはパラソルの無料貸し出しがあります。長さ40 m、幅1.5 m、水深5 cmのせせらぎと直径22m、水深15cmのいわゆるじゃぶじゃぶ池で水遊びできるようになっています。

中井中央公園のあらまし

子どもが楽しく遊べる遊具のある中井中央公園は他にはどんな利用をされているのでしょうか。

直売所は新鮮な産物を手に入れるチャンス、野球場では公式戦も

地元の産物が販売されているのは農業の町、中井町らしいです。運動設備も整っていて野球場は天然芝でスタンドも立派。公式戦が行われる球場です。多目的グラウンドではサッカーもできます。

パークゴルフに注目! 子どもでも大丈夫

野球やサッカーはいきなり来てという訳にはいきません。そこで子どもでもチャレンジできるパークゴルフに注目してみたいところです。パークゴルフとはなにかといえばミニゴルフみたいなものでしょうか。

それでも12,000㎡のコースは18ホールでパーは66とのこと。道具は無料貸し出し、靴も低料金で貸出してくれます。予約も必要ないので手ぶらでゴルフ体験できる訳です。

スタート時間が午前中9時から午後13時からになっています。

パークゴルフ場の料金:大人一回200円、小人(中学生以下小学3年生以上)一回100円
(加えて貸靴が一回50円となっています)
お問合せ:0465-81-3893(パークゴルフスタートハウス)

小さな町の実力派公園、知る人ぞ知るスポット

中井町というのは人口1万にわずかに満たない小さな町です。名前も地場の豪族中村氏の名前がついていた中村村と井ノ口村が合併して明治も終わりの頃にできたものです。

避けるように鉄道も通らない町

面積も小さく秦野と小田原と平塚に囲まれるように存在しています。秦野を通る小田急線も湘南の海岸沿いを抜けるJR東海道線も、ついでにいえば旧東海道線の御殿場線も通っていません。駅どころか避けるように鉄道も通っていない場所なのです。

東名高速では存在感あるも…

道路にしても国道1号線、246号線、255号線とも隣の市町を通っていて中井町には一般国道もありません。

東名高速だけは市の北側を抜けています。東名高速の秦野中井インターは敷地の一部だけ中井町にあります。だから秦野中井インターと言うのだということすら知らない人がいるかもしれません。

東名下りにある中井パーキングエリアは完全に町に位置してますが、ここで降りることはできません。

なにかで関わりがない限り中井町のことを詳しく知る人は多くないでしょう。そのせいかあまり知られていない穴場スポットです。けれども知らないのがもったいないクオリティがある公園です。

ところが意外に思えるほど頻繁に様々なイベントが行われている公園でもあります。つまり知っている人はよさを知っている公園なのでしょう。遊具の楽しさに加えて眺望のよさ、明るい雰囲気がいい中井中央公園、興味を持たれたら一度訪れてみて欲しいおすすめの公園です。

中井中央公園を訪れるには(アクセスについて)

駐車場も無料で充実しています。自動車の利用が便利な公園です。

住所:神奈川県足柄上郡中井町比奈窪580番地

【自動車を利用する場合】

最寄インターチェンジ:
(東名高速道路利用の場合)秦野中井約5分
(小田原厚木道路利用の場合)二宮約5分

東名高速道路秦野中井インター利用の場合

中井中央公園へは秦野中井インターから向かうと簡単です。インターチェンジを出ると突き当たる道路を右折(秦野市街と反対側、南方向)。最初の信号をもう一度右折です。

そのまま道なりに進むと大きく案内看板が出てきます。最初の信号の交差点にはガソリンスタンドがあり、その後は大きな事業所が立ち並ぶ工業団地の中を大きく曲がりながら道は進んでいきます。

案内標識の先はこんな感じで登っていきます。ここを通り過ぎた場合比奈窪といわれている中井町役場のある場所にでます。ここは中村川の流域の平地になっています。地形が変化するのですぐ分かるはずです。

小田原厚木道路二宮インター利用の場合

小田原厚木道路の二宮インターは厚木からきた場合と小田原からきた場合で出入口が違っています。付近は丘陵を切り開いた住宅地になっています。厚木からきた場合左折、小田原からきた場合、左折したあと信号機を右折します。その後トンネルを抜けるのは同じです。

そのまま西に向かうと中村川を渡って突き当たります。右折して北に向かい中井町役場のある比奈窪を目指します。中井町役場入口交差点を右折してそのまま行けばカーブの先、丘を登り始めてすぐ標識が見えるはずです。

駐車料金:無料

遊びの広場から道路を渡ったところに里やま直売所の駐車場があります。こちらはあまり広くなく直売所用ということです。平日は利用できそうです。

遊びの広場の利用者に推奨なのは南側駐車場とのこと。ここなら道路を渡る必要もありません。

南側駐車場(水辺の広場下):普通車161台、軽自動車6台

野球場の横にも駐車場があります。

野球場横:大型車8台、普通車106台、軽自動車6台

【公共交通機関を利用する場合】

中井町は工業団地の事業所以外は酪農を含む農業の町です。小さな町ですし公共交通の利便性が高いとは言えません。現地の里やま直売所も平日は営業していませんので商業施設も乏しいです。自動車を利用したほうがよいスポットです。

中井中央公園への公共交通一覧
出発バス乗り場 降車停留所 所要時間 料金
秦野駅南口2番 中井中学校前 20分下車徒歩5分 大人330円(IC割引329円)
小人170円(IC割引165円)
二宮駅南口4番 比奈窪 30分下車10分 大人310円(IC割引309円)
小人160円(IC割引155円)

起点となるのは小田急線秦野駅、東海道線二宮駅です。どちらも1時間に2本程度の運行です。

とても稀な便として東海道線国府津駅からのバスもあります。ただし、東海道線利用時に国府津駅に向かうのならば二宮駅を利用した方がよさそうです。

まとめ:天気の良い日に特に気持ちのいいのびのび公園です

なにしろ富士山の眺めが絶景です。この気持ちよさを味わうためには天気の良いことが条件。高台にひらけた公園の開放感がうれしいです。

土日、祝日(月曜のみ)の9時30分から15時まで営業している直売所も魅力的です。地元の特産物や新鮮野菜が手に入ります。思わずたくさん買っても大丈夫な買い物バックが欲しくなるスポットです。

公式サイト:中井中央公園