コラム

マザーズバッグをプレゼントするなら使いやすいショルダーバッグ

「赤ちゃんが生まれた」というのは嬉しい報告ですよね。新しい命が誕生したお祝いには、何か役立つものを送ってあげたいものです。

しかし何を送ったら喜ばれるのか、悩んでしまいますよね。そんなときには使いやすいショルダータイプのマザーズバッグを送るのはいかがでしょうか?

このタイプのマザーズバッグは、使いやすい上に機能性やデザイン性も優れているため、赤ちゃんが成長するまで長い間重宝されるアイテムです。



■マザーズバッグはプレゼントに最適

マザーズバッグは出産祝いや赤ちゃんの成長の節目など、プレゼントに最適です。

小さな子供を連れて出かける際には、ミルクにおむつ、おもちゃ、着替えなど非常に多くのものが必要なため、それを持ち歩くお母さんは一苦労。

そういった荷物をまとめて持ち歩くためには、今まで使っていたバッグよりもマザーズバッグが便利です。

マザーズバッグはポケットや収納が多く、子供を持つお母さんが使いやすいよう機能的に作られています。

マチが付いていて荷物もたくさん入りますし、なるべく負担を減らせるようにとバッグそのものを軽量にしているものもあります。

また機能性だけでなくデザインにも気を配っており、普段持っていても不自然ではない可愛いものが多いです。1つ持っておけば子供と出かけるときに重宝されるものになるでしょう。

■送るなら使いやすいショルダーバッグを

プレゼントとしてマザーズバッグを送るなら、使いやすいショルダータイプのものがいいでしょう。

このタイプのマザーズバッグには「両手を空けておける」「抱っこの補助になる」という2つの利点があります。

お母さんは荷物が多いだけでなく、両手も大忙しです。手をつないだり、抱っこしたり、捕まえておいたりと子供と一緒に安心して出かけるためには、なるべく両手は空けておきたいものです。

特に抱っこでの移動が多いお母さんや荷物を取り出すことの多いお母さんは、このタイプのバッグだと楽に動けるでしょう。

またこのタイプのバッグは抱っこの補助にもなります。数年経って子供も成長してくると、お母さんがずっと抱っこしているのも負担になりますよね。

そんなときにはバッグの上に子供のお尻を乗せてあげると、抱っこの補助になります。このタイプは特にアクティブに動くことの多いお母さんに最適です。

中には基本がトートタイプのものでも、ベルトを付ければショルダータイプになるものもあります。こういうタイプは状況によって使い分けられるため、さまざまな場所で使えます。

■どんなものを選べばいい?

ではショルダータイプのマザーズバッグをプレゼントする場合、どのようなものを選べばいいのでしょうか?選ぶポイントは「ベルトの太さ」と「素材」の2つです。

まずベルトの太さですが、これはなるべく太いものを選ぶといいでしょう。マザーズバッグはたくさんのものが入っているため、とにかく重いです。

その重さはなんと3キロ近くになることも。それを1日中持って歩くため、お母さんの肩にとても負担がかかります。

細いベルトだと肩に食い込んでしまうため、長時間肩から掛けていると肩が痛くなってしまいます。

しかし太いベルトであれば肩にかかる力が分散され、細いベルトほど負担にならずに済みます。

そのため太めのベルトか、もしくは肩への負担が軽くなるような工夫が施されているものがベストです。

また素材も重要です。マザーズバッグはミルクやお菓子などを入れておくため、水が漏れたりバッグが汚れたりということも頻繁に起こります。

こうした事態になっても簡単に汚れが落とせたり、濡れてもすぐに乾いたりする素材のものを送るといいでしょう。

■おわりに

マザーズバッグはお母さんの必須アイテムです。特に使いやすいショルダータイプのものは、出産祝いや誕生日のプレゼントでも喜ばれる品になるでしょう。