コラム

イライラしないワンオペ2歳差育児。私がやめた当たり前の家事&育児9つ。

私が2人目の娘を生んだのは上の息子がちょうど2歳の時。

2歳差育児は恐ろしいほど大変なんだろうな・・・と覚悟はしていました。
そして、分かってはいたけどやっぱり毎日てんやわんやです(笑)

上の子のイヤイヤや赤ちゃん返りにイライラするし、2人同時にグズグズになった時なんかは、はぁ~しんどい・・・と思うこともしょちゅうです。

それでも、二人目出産前にイメージしていたより『何とかなってるなぁ』というのが現在の感想です。

1人目までは頑張っていた家事や育児の“当り前”を思い切ってやめたことが大きいなと思っています。

そこで私が2人目が生まれてから思い切ってやめたことを一日のスケジュールと共に紹介してみようと思います。



2歳0歳がいる我が家の一日のスケジュール。

2歳差育児 2歳0歳 兄妹 スケジュール 保育園 ワンオペ

現在、息子が2歳9か月・娘が9か月のちょうど2歳差兄妹です。
我が家は共働きで、私はいわゆるワーママです。

月曜日~金曜日は二人とも保育園に行っています。

◆6:00 起床

朝ごはんの準備&自分の身支度を半分くらいしておく。
このタイミングで子供が起きてくることも多い・・・寝ててほしい・・・。

※余裕がある時には晩ご飯の下準備をすることもある。

◆6:30~7:00 子供たち起床

2人のオムツ替え・着替えをなるべく済ませる。

◆7:00~7:45 朝ごはん&身支度の続き

自分はコーヒー飲んだりパンをかじったり子どもの残りを食べながら身支度の続きをする。

◆7:45~8:00 朝ごはん片づけ&連絡ノート朝の分の記入&着替え

それでもバッタバタで保育園グッズは忘れる時が多い(汗)。

保育園の連絡ノートが割と手間でどうにかしてほしいです(涙)。

でも基本が真面目なんでしっかり書いちゃう(笑)。

◆8:00~8:45 保育園送り

現在、本園と分園で二人別々の保育園に行っているので送り迎えが大変!
まずは家に近い0歳児クラス娘の保育園から行って次に2歳児クラスの息子の保育園に。

◆9:30 出社

◆16:30 退社(現在、時短勤務)

◆17:15 帰宅&晩ご飯準備&洗濯物取り込み

ササッと汁物とメイン料理を作る。

洗濯物は時間があればたたむが、大概は取り込むだけ。

買い物に行って時間がない時はお惣菜にすることもある。

◆17:45 保育園お迎え

息子の寄り道や友達と遊んだりがあるのですぐ家には帰れない。

◆18:15~18:30 帰宅&保育園の荷物片づけ&晩ご飯の仕上げ

パッと食べれられる野菜を切ったり盛り付けたり、娘の離乳食のメニューを決めレンジでチンする。

◆18:30~19:00 晩ご飯&離乳食

子どもたちが終わったら急いで自分もご飯を食べる。

◆19:00~20:00 フリータイム&晩ごはん片付け&翌日の保育園準備や連絡帳の記入

子でもの相手をしながら洗濯物をたたむ余裕があればたたむ。余裕がなければ後回し。

◆20:00~20:15 お風呂スタート

パパが帰っていれば子供たちを受け取ってもらうが、基本ワンオペ。

◆20:45~21:00 保湿&着替え&歯磨き&娘の最終授乳&洗濯機・食洗機スイッチON

パパが帰っていれば保湿や着替え、娘の授乳をやってもらう。

◆21:00~22:00 寝かしつけ

パパが帰っていれば娘を先に寝かしつける。
洗濯物や次の日の保育園準備が終わっていれば一緒に寝る。

体力がついてきた息子の寝かしつけには時間がかかる・・・。

今日あった出来事を話したり、褒めるべき事をした時は改めて褒めなおしたり貴重なスキンシップタイムなので大切にしている。

◆22:00~23:30 残りの家事を片づける

洗濯物が残っていたらたたむ、洗濯機を回していない時は回す。
体力と気力がある時だけ軽くオモチャを片付けたり、次の日のご飯の準備、娘の離乳食のストックを作る。

こんな感じでほぼ毎日ワンオペです。洗濯物を干す、ゴミ捨てはパパ担当です。

2歳差育児のココが大変!

2歳差育児 2歳0歳 兄妹 上の子 赤ちゃん返り イヤイヤ しんどい

◆2歳の息子の赤ちゃん返り&イヤイヤに付き合うのが大変(笑)。

赤ちゃん返りは若干落ち着いてきましたが、イヤイヤは絶賛継続中。

9か月の娘は基本的に今のところ手がかからなくて本当に助かっています。

泣くときは眠たい時とお腹がめっちゃくちゃすいた時くらいで、あとは機嫌がいいと1人遊びもするし、夜も今となっては朝まで寝るし、神かな?

息子は妹へのヤキモチもすごいし、オモチャは絶対貸さないスタイル、自分が1番構ってもらいたい、ワガママ言いたい放題で未だに手を焼いています。

◆息子のイヤイヤと娘の眠たい時が重なった時が一番しんどい。

そういう時はトイレに行ったり洗濯物を片付けに行ったり、あえて用事を作って部屋を出ることもあります。(もちろん安全を確保したうえで)

◆2歳児と0歳児の生活リズムは違うのでそれを調整するのが大変。

ご飯の時間やお昼寝の時間、お出掛けのタイミングなど、二人のタイミングを合わせるのに苦労します。

◆子供に割く時間がどうしても多くなるのでとにかく家事の時間、自分の時間を確保するのが大変

私の場合は、大まかにいうと上記の4つのポイントが大変だと感じました。

息子が1人の時は仕事しながらでも、ほぼ完璧だった片付いた部屋や毎日のお風呂掃除、食品や日用品の買い出し、晩ご飯・離乳食・幼児食のほぼ毎日の手作りが無理な状態になりました。

なので、今まで自分の中で“当たり前”にやっていた事をやめようと決意!

私がやめた≪当たり前の家事5つ≫

2歳差育児 2歳0歳 兄妹 スケジュール コツ 上の子 保育園

1. ギッチギチに決めていた時間管理をやめた!

以前の私はご飯の時間・寝る時間・お風呂の時間が30分でもずれたりすると、なぜか焦って早くしないと!と頑張っていました。

でも今は同時進行で効率よくやっていても、途中でウンチが出ただの、おしっこが漏れただの、1人が終わっても1人はまだご飯食べているし、息子のイヤイヤ&構って攻撃と娘の抱っこしてモードでお風呂も着替えも寝かしつけも思った通りにはいきません。

だいたいのご飯の時間・お風呂の時間・寝る時間を決めて30分~1時間くらいのズレは『ま、いっか。』と切り替えられるようになりました。

最近の息子は体力がついてきて、なかなか夜も寝ないので諦めたというのもあります(笑)

2. オモチャの片づけをやめた!

以前の私は少しでも部屋にオモチャが出ているとイライラしていました。
オモチャを片付けても秒で散らかるので今は片付けません。

たま~に体力がある時だけ軽く片付けます。
あとは来客時に片づけることができるスペースだけ確保しておけばOK。

3. 掃除をやめた!

食器洗いは食洗機にお任せです。だいぶ助かっています。
食器を洗う時間をなくすことで、どうしてもやらなければならない他の家事や子供の為に時間を使えます。

以前は、流し台にスプーンやコップ1つでも残したまま寝るのがイヤでした(キレイにしてから寝たい)。

でも今は子どもの人数が単純に増えたことにより次々と汚れた食器が出てくるので諦めました(笑)
多少の洗い物は翌日に回します。

掃除機は息子の時から毎日する時間がなかったのでしていません。休みの日に掃除機をかけるか汚れが目立ってきたら掃除機をかけます。

お掃除ロボットや衣類用の乾燥機などを導入するとより負担が減るでしょうね。

お風呂掃除は浴槽のザラザラだけは気になるのでお風呂に入る前に洗剤をシュッとしてスポンジで軽くこすってザラザラだけ落とします。

それすら面倒な時は洗剤の泡にお任せしてこすり洗いしない日もあります(笑)

夏はシャワーだけで済ますことがほとんどなので浴槽の掃除もしないので楽です。

4. 食材や日用品の買い物をやめた!

以前は買い物も安い日を狙って週2~3回は行っていました。でも今はネットスーパーです。スーパーに行くのは足りないものを少し買い足す時だけです。

ママ友の1人は生協の宅配を利用しているそうです。

我が家の場合は土日もパパが仕事で子どもと3人で過ごすことも多いのですが、息子に買い物に行こうって言っても『イヤ~』って言われるし買い物は無理です(笑)

5. 手作りご飯へのこだわりをやめた!

今までお惣菜を買ったり、パパッと味が決まる○○○ドゥ的なレトルト合わせ調味料を使うことに罪悪感というか、サボってると思われるのがイヤでほとんど使ったことがありませんでした。

でも仕事をしながら2人育児していると、<今日は無理。楽しよう>という気持ちが上回るので、疲れている時はお惣菜や焼くだけのものをフル活用しています。

本当にしんどい時はお弁当でもいいですしね。むしろパパには『自分でお弁当買ってきてね』と言うこともあります。

私がやめた≪当たり前の育児4つ≫

2歳差育児 2歳0歳 兄妹 イヤイヤ 大変

1. テレビへのマイナスイメージをやめた!

1人目の育児って初めてのことだらけで大事に大事に育ていた自覚が私もあります。
テレビを見せるのは子供の発達に関わる上であまりよくないという情報を目にしてから、なるべく見せないようにしていました。

特にYouTubeを見せるスマホ育児は賛否両論あるとは思いますが、私個人としては最近まで“見るのを悪”としていました。

息子だけの時は絵本の読み聞かせをしたり、手遊びをしたり、外に連れ出したりしていました。それでも家事がなんとか出来ていたので。

でも2人育児をしているとそういうわけにもいかず・・・。

以前はあんなに嫌だったYouTubeデビューもしました(笑)!
もちろん『ママが準備している間だけね』『ご飯が終わってお風呂入るまでの間ね』という風に約束事をして長時間見せないようにはしています。

テレビに出ている大好きな車が出てくると息子も大興奮で飛んだり跳ねたりして可愛いです(笑)
(※うちはスマホではなく、テレビにつないでYouTubeを見せています。)

ちゃんとテレビの内容に沿って、声掛けしたり息子と会話のキャッチボールもします。
そして、自分の用事を片付けることができるので割と助かっています。

2. 手作り離乳食へのこだわりをやめた!

以前の私は子供の離乳食や幼児食もやはり手作りにこだわっていました。むしろ手作りじゃないと子供が可哀そうとまで思っていました(笑)

娘が生まれてからは、そんなことを言ってられなくなりました。
できる時にストックをまとめて作って後は楽をする。ベビーフードも活用しています。

娘は離乳食後期に入ったところで、保育園から『この食材を試してくだい』と言われる頻度が高いです。
少しの食材のために手作りする時間が取れないのでそういう時にも便利です。

あと、自分で作っているとメニューがマンネリ化しがちなので、ベビーフードを活用することで、味付け・食材の大きさ・硬さの参考になります。

<もう少し味を薄くした方が食べやすいかな>とか<硬さはこれくらいでいけるんだな>など。

私のママ友の1人は、ベビーフードだけでなく幼児食になっても袋に書かれている月齢のギリギリまでお世話になったと言っていました。

3. 授乳時間や離乳食の時間を守るのをやめた!

上の子中心の生活をしていると育児本に書かれているような理想的な時間に授乳をしたり、離乳食をあげるのが難しくなります。

休みの日なんかは上の子の習い事の待ち時間の間に離乳食を食べさせたりしています。もはや場所も気にならない!

お出掛けするといつもと違うタイミングで食べることも多くなるので、常に理想的な時間にあげることが不可能なんですよね(笑)。

よっぽどお腹がすいているタイミングとかでなければ、ママがあげられそうなタイミングであげるのが負担が少ないと思います。

4. 母乳育児へのこだわりをやめた!

1人目の時の母乳育児へのこだわりは2人目が生まれたことで意外にもアッサリなくなりました。
(※これは個人差があるとは思いますが。)

もちろん、母乳を飲んでいる時の娘の顔はとっても愛おしくて見ているのが好きでした。そして今でも目に焼き付いています。

が!上の子を食べさせて、散らかしてるのを拭きながら自分も急いで食べて、娘も食べさせて、ダイニングテーブルから移動して授乳クッション用意して母乳もあげてという作業が私の中では負担でした。

離乳食を開始して進み具合も順調だったので徐々に完ミに移行していきました。

ミルクだと同じダイニングテーブルの横で座りながら息子のフォローもしやすく、少し負担が減りました。

最近では液体ミルクデビューもしました。外出時に手荷物が減って私的にはとても便利です。

2歳差育児は大変!だけど何とかなってます。

2歳差育児 2歳0歳 兄妹 大変 ワンオペ

家事や育児の当り前を見直し、ストレスになることを思い切ってやめたことで私は身体的にも精神的にも負担が減りました。

いまだに息子の保育園・着替え・オムツ替え・お風呂・歯磨きなどのイヤイヤと闘っているし(笑)、なかなか寝ない夜の寝かしつけなど大変なことも多いですが、イライラせずに対応してあげると素直に言うことを聞いてくれることが増えました。

2歳9ヶ月の今でもトイレトレーニングは保育園にお任せで私は全くやっていないし、息子の時には頑張って作っていた掴み食べ用のパンケーキやおやき、フレンチトーストやお好み焼きなどは娘には作ってあげる気力がありません(笑)。

それでも何とかなってます。子供たちはとても元気で、ケンカしたり仲良くしたり毎日パワフルに過ごしています。

2歳差育児もやり方次第で乗り越えられると思います。

ABOUT ME
fuente-rikaco
fuente-rikaco
息子2歳娘0歳の2児の母。ワーママ。両親・義両親ともに遠方の典型的な核家族スタイルで仕事・家事・育児に日々奮闘中。