コラム

1000人アンケート結果⑩:大型公園へ持っていくママバッグのタイプは?リュック人気が顕著

こんにちは!フェンテスタッフのMです。
先日より、ママさんたちにご協力いただいたアンケートを集計して発表させていただいております。もう今回で10回目となりました。ありがとうございます!

→前回のアンケート結果:1000人アンケート結果⑨:大型公園で子どもに友だちができたのは◯割!ママはどうする?

さて今回のアンケートは、「大型公園へ持っていくメインバッグはどんなタイプですか?」です。
このアンケートシリーズでは、初めてママさんたちのファッションに触れる質問内容となりました。

子どもを連れてのおでかけとなると、独身時代と全く違うファッションをする必要があります。
でも、最初はどういうものを買ったら便利なのか、使い勝手がいいのかすらわからないですよね。

このアンケートに答えてくれたママさんたちは、4年生以下のお子さんを連れて1年以内にマイカーを使って大型公園へ行った方々が対象です。小さなお子さんを連れて遠出するとき、ママさんたちはどんなファッションでお出かけされているのでしょうか。スタッフMも興味津々です。

今回のアンケートではメインとして持っていくバッグを、[4種類のタイプ+その他]という5つの選択肢から選んでいただきました。

Instagramで見る”ママファッション”がいつもすごくおしゃれで驚いてばかりなのですが、ママさんたちにはどんなバッグタイプが選ばれているのでしょうか。では、以下でアンケート結果の詳細を発表致します!

※このアンケートは当社が独自にネットリサーチサービス「Fastask」を利用し、1年以内に4年生以下のお子さまと遠方の大型公園に自家用車で出かけた方を対象として2018年11月に実施したものです。



1000人中、半数以上が「リュック」をチョイス!

今回のバッグに関する1000人ママアンケートでは、半数以上のママさんから「リュック」との回答が集まりました。
すべての選択肢は以下のとおりです。

  1. リュック
  2. ショルダーバッグorトートバッグ(斜めがけ可)
  3. ショルダーバッグorトートバッグ(斜めがけ不可)
  4. ポーチ
  5. そのほか

この選択肢の中で、「リュック」と答えたママさんは57.8%
6割に迫る回答数でした。

母親に手を引かれて歩く子ども

■大型公園に持っていくメインバッグはどのタイプですか?
ママバッグのアンケート結果

1.リュック 57.8%
2.ショルダーバッグorトートバッグ(斜めがけ可) 26.4%
3.ショルダーバッグorトートバッグ(斜めがけ不可) 13.6%
4.ポーチ 0.8%
5.そのほか 1.4%
(2018年11月Fastask調べによる)

リュック、ショルダーバッグ、トートバッグの3種類を合わせると97.8%。
荷物が多くなってしまうママが選ぶバッグは、この3つがほとんどとわかりました。

そのほかのバッグの種類といえば、かごバッグやサコッシュなど、確かにちょっと収納力が弱いものばかり。この3つに集中するのは納得できます。

ではそのメインバッグとして主流の3つを比較すると、リュック派が57.8%、ショルダーバッグ・トートバッグ派が40%。かなりリュック派が多いです。

また、ショルダーバッグ・トートバッグをより細かく見ると、斜めがけができるタイプのほうが10%以上多く支持されています。

親子でハイキングをする様子

つまり”両手が空く“ことが非常に重要視されていることがわかります。
両手が空けられるバッグが選ばれている率は、リュック+斜めがけできるショルダーバッグ・トートバッグで84.2%!圧倒的な支持率です。

かさばる荷物をたくさん持ちながら、子どもを連れて歩くというのは本当に大変なこと。選ばれているママバッグからも、その様子がうかがえます。

初めてのママバッグ選びに悩んだら、”両手が空けられるタイプのバッグ”を選べば間違いなさそうですね。では、さらにもっと”自分にピッタリ”なママバッグを選ぶときはどうすればよいのでしょうか。失敗しない選び方をご紹介します!

自分に合ったママバッグの選び方

ママバッグの選び方の最重要ポイントは、使うママさんの”日常の悩み”がそのバッグで解決できているか?だと思います。

これだけママバッグがさまざまななブランドから出るようになると、機能性やデザイン性がよいのは当たり前。探せば好みのデザインは必ず見つかります。

アパレルショップの外観

けれど、気に入る外見のバッグが見つかっても、「もっとこうだったらいいのに」と思いながら日常生活をイライラしながら過ごすことになってはよくないですね。

<選ぶときのコツ>
日常の中で、バッグに対してイライラしたことをリストアップ!

  • 今使っているバッグの気に入らないところを書き出す
  • 見た目が気にいるバッグを探す
  • 今のバッグの悩み(つまり1)が解決できるかどうか考える

例えば公園で子どもと遊んでいる最中に、雨が降ってきたとします。

◯バッグが濡れるとおむつや着替えも濡れるから雨がかからないようにしなきゃ
→撥水加工、防水仕様のバッグを選ぶ

◯折りたたみ傘やレインコートがサッと取り出せない
→バッグの仕切りやポケットが多いものを選ぶ

◯雨や泥でバッグが汚れるからイヤ
→汚れが付きづらい、丸洗いできる、汚れが目立たない色のバッグを選ぶ

◯子どもと手をつないで傘をさすとバッグが持ちづらい
→リュックや斜めがけできるバッグを選ぶ

このように、日々の生活の中でバッグに気を使っていることってたくさんあると思います。それが少しでも解消されれば、ママの心配やイライラも減り、ストレス軽減!

困っていることがリストアップできてきたら、それぞれに解決したい優先順位を付けていきます。すべてを解決できるバッグが見つかるかどうかはわかりませんが、上位の悩みを解消できるバッグを購入しましょう。日常がラクになる、満足いくバッグが手に入ると思います。

そのママバッグ、盗難対策はできている?

さて、自分に合った機能性で、かつ見た目も気に入るバッグがあれば何よりなのですが、もう一つ気をつけていただきたいのが、”盗難対策”です。

走り回る子どもを連れていると、ついついママの荷物はそのあたりに開いたまま置きっぱなしになりがち。口が大きく開いたバッグから、財布など貴重品が見えていたら…。

ママのかばんの中身

世の中にはいろいろな人がいますから、盗難被害に合ってしまうかもしれません。
公園や電車の中といった公共の場だけでなく、保育施設や子育てイベントでも盗難被害の可能性はないとはいえません。

ママバッグに施されている盗難対策は以下の通りです。

①クチの部分がファスナー
→クチが紐やマグネットではすぐ開けられてしまいます。何も閉じるものがないと中身が丸見えに。ファスナータイプでしっかり中身を守ってくれます。

②Wファスナー
→バッグの口がファスナーになっているだけでなく、ポケットや仕切りの中にさらに付いているファスナー付きポケット。財布や貴重品をダブルで守るのでこれ以上ない盗難対策です。

③スキミング防止機能ポケット
→日本ではあまり必要ないですが、海外生活になる場合は外部からカード情報を抜き取られないように保護できるポケットがあると安心です。

①をクリアしていれば基本の対策はOK。より安心感を求める方は②の対策がされているバッグを選びましょう。海外旅行や海外赴任に行く場合は③もされていれば安心です。

子育てだけでも忙しい日々。財布や貴重品を盗られると被害届を出したりクレジットカード等の再発行をしたり…やるべきことが激増して、本当に疲れます。グッタリしちゃいますね。そうならないように、日々の防犯対策も考えていきましょう!

<記事を読んでくださっている皆様へ>使っているママバッグのタイプを教えてください♪

皆さんは公園などに出かけるとき、どんなバッグを使っていますか?
バッグだけでなく、インナーポーチや荷物もできる限り最適化していきたいですよね。

わたしはバッグの中身をどうやって整理して軽量化するかを考えるのが好きで、Instagramで#ママバッグなどのハッシュタグをすごく見てしまいます。折りたたみ傘をできるだけ軽量のものにしたり、消耗品を小分けにしたりするのですが、逆に使いづらくなってしまったりして…バランスが難しいなと思っています。

よければ皆さんのバッグや、バッグの中身についても教えてください!

これからもアンケート結果のレポートや公園情報を更新していきますので、フェンテブログを引き続きよろしくお願いします。

フェンテブログが更新されたらわかるようにTwitterをフォローする



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。