公園入口の駐車場からすぐ近く、小さな子どもが思いっきり遊ぶのにちょうどよい遊具が並びます。その傍ら、水辺の広場がふたつの池を繋げています。幼児向けの「わいわい広場」の向うには下池。かたや反対側には、大きな上池が広がっています。 対岸に目を凝らしてみると、何やら大きな遊具が見えます。そこが「アドベンチャーキッズ」。袖ケ浦公園の豪快な子どもの遊び場です。やはり真打となるのはこちら ...
~フェンテstuffが綴る日常とたまにバッグのお話~ どうも!1歳の息子を溺愛するfuenteスタッフのリカコです。 明けましておめでとうございます。 本年もフェンテをよろしくお願いいたします。 2018年になりましたね! みなさまは年末年始どのように過ごされておりましたでしょうか。 私はというと、仕事のパパを置いて可愛い息子を連れて実家の静岡に帰省していました。 ...
歴史ある境内と、そこに続く神社を取り巻く森。その敷地に溶け込むように、大きな木を模った滑り台があります。さらに、とても遊び応えのある大迫力の遊具も待っています。子どもと遊びに出かけて「ここはいいな」と思えた場所をご紹介しています。 静岡県焼津市にある元焼津公園の大規模遊具は、かなり珍しいものです。長く続くネットトンネルはまさにトルネード、高く上って下りるのが2回転分、ひとつひとつが横 ...
大きな複合遊具がふたつ、芝生の広いエリアを挟んで設置されています。大きなほうは少し起伏のある場所を、複雑な経路を描きながら上ったり、渡ったり、くぐったり、滑ったりしながら巡る遊び。 それに対して小さいほうの遊具は、波をイメージしたかのような白い斜面に囲まれ、砂場に浮かぶ船の形。乗船したならば船内を端から端まで探検する感じ。 子どもと遊びに出かけて「ここはいいな」 ...
~フェンテstuffが綴る日常とたまにバッグのお話~ どうも!1歳の息子を溺愛するfuenteスタッフのリカコです。 最近は息子のほっぺにチューしようとすると軽くよけられてたりしてます! たまに手でちょっと払われたり・・・。 どうやら愛が重すぎるみたいです!   なんと今日が何日かというと28日ですよ・・・。 毎年同じ事を思ってるんですけど、 ...
公園遊具の御三家を考えた時に、欠かせない遊び場が「砂場」。砂場にとてつもない迫力があるなどとは、なかなか考えづらいことです。「ふわふわドーム」が砂場に刺激的なエンターテイメントを持ち込むものだとしたら、タイヤ公園での遊びは砂場にダイナミズムをもたらすものだと思えます。 子どもと遊びに出かけて「ここはいいな」と思えた場所をご紹介しています。東京都大田区が自ら語るのは、アメリカや ...
どうも!1歳の息子を溺愛するfuenteスタッフのリカコです。 なんと、2017年があと数週間で終わるという現実・・・ ヤバいぐらい光の速さで過ぎ去っていきそうな予感・・・(汗) 皆さんも残り数週間の2017年を思い残すことがないように過ごしてくださいね!(←大袈裟だな!) さて、第1弾から随分間があきましたがバッグ感想レポの第2弾になります。 今回はフェンテ ...
あいち健康の森にある子どもの遊び場「子どもの森」は、まるでテーマパークのようです。専用の橋を渡ってたどり着く丘陵の森を進むと、展望台に続く大きな斜面にはいろいろな仕掛けがあり、攻略したあとは森を駆け抜けるロングスライダーが待っています。 向かう先には「石の谷コンビネーション」と呼ばれるエリアがあります。ここがコンビネーション遊具と一言で片づけられないのは、規模のみならず、多彩 ...
赤と黄色も鮮やかに、大きなグリッサンド滑り台が並んでいます。赤い滑り台のほうが長く、黄色い滑り台はやや手前から滑り始めます。いずれにせよグリッサンド滑り台は、一気に滑り下りる爽快さが楽しいものです。 子どもと遊びに出かけて「ここはいいな」と思えた場所をご紹介しています。静岡市や焼津市、島田市の隣、静岡県中部に位置する藤枝市の蓮華寺池公園。 ボート遊びもできる蓮華 ...
独特な形状のローラー滑り台の長さは、千葉県内でも有数のもの。それにもまして、旋回を繰り返す滑りがとても面白いです。千葉県大網白里市にある小中池公園の楽しみはなんといってもダイナミックなこの滑り台。 そして、更にそこに加わる楽しさがあります。子どもと遊びに出かけて「ここはいいな」と思えた場所をご紹介しています。小中池公園からほんの少し丘を上ると、千葉県最長のローラースライダーが ...

5,000円以上のお求めで送料無料

  • ツイッター
  • インスタグラム
スポンサーリンク