あいち健康の森にある子どもの遊び場「子どもの森」は、まるでテーマパークのようです。専用の橋を渡ってたどり着く丘陵の森を進むと、展望台に続く大きな斜面にはいろいろな仕掛けがあり、攻略したあとは森を駆け抜けるロングスライダーが待っています。

向かう先には「石の谷コンビネーション」と呼ばれるエリアがあります。ここがコンビネーション遊具と一言で片づけられないのは、規模のみならず、多彩なルートでのアプローチがあることも理由なのです。

ロングスライダーはさらに2つ。種類をみると子どもの森では、ローラー滑り台とグリッサンド滑り台、それぞれを選んで楽しめます。そして面白いのは石の谷コンビネーションには、雰囲気満点のトンネルを抜けても行けること。

さらにその先には、ファンタジックなツリーハウスを取り囲む木の回廊が続く運動場「ウッドサーキット」が設置されています。ここでも、ローラー滑り台とザイルクライミングで遊べるようになっています。

いわゆるテーマパークと違い、キャラクターがそこらかしこを歩き回っていたりはしません。有料の商業施設のように、乗り物がある訳でもないです。あくまで体を使った、強いて言うならば「冒険」がテーマと思われる遊び場です。

子どもと遊びに出かけて「ここはいいな」と思えた場所をご紹介しています。キャラクターがイメージを作るでもなく、有料の乗物を楽しむのでもない、だからこそ公園としての楽しさが充実している事が目立ちます。子どもの森の遊びは相当な割合で、冒険とファンタジーの味付けがされていると思います。

ただの公園ではないなと思わせる「子どもの森」、他にも楽しみが充実したあいち健康の森公園の中でも、独特の魅力を放つエリアになっています。今回は子どもの森をクローズアップしてご紹介したいと思います。

子どもが大規模遊具で遊べる子どもの森をしっかり解説!

名古屋市は多くの市町村が隣接する都市です(実は名古屋市の隣には、日本一財政が豊かで有名な村もあります)。そのひとつ、名古屋市の南側、知多半島の入口に位置する大府(おおぶ)市にあるのがあいち健康の森。愛知県の県立公園となっています。

「子どもの森」はその中で思い切り遊べる大規模遊具がいくつも揃った一画になります。

ロングスライダーを滑る都合も考えてあるようで、子どもの森が公式に案内している冒険広場マップには、それぞれの遊具に参考となる番号が書いてあります。

どちらにせよ、主要な3つのエリアはぐるり敷地内を周回するレイアウトです。ただし、広いエリアですし、アップダウンもあります。まずはこの順番に巡ってみるのがよいでしょう。駐車場からは専用の橋(宝橋)を渡って子どもの森に向かうことになります。

子どもの森の入口、宝橋と周辺の遊具

駐車場と子どもの森はバス通りで隔てられています。あいち健康の森は、この道の駐車場側に拡がっていて、子どもの森だけが違う一画になっています。

それだけに橋を渡って入口に立つと、雰囲気からして期待で盛りあがります。ゲートに書いてある通り、まさに「わくわくひろば」。もちろん歩を進めた先で裏切られることはないはずです。

入口手前にも少し遊具が並んでいます。これから続々と遊具が現れます。ほんの序の口ですが、幼児向けに最適なのはここ。黄色の球体が吊り下げられた遊具は少し遊び応えもあります。

バスを利用して訪れた場合には、バス停を下りると橋を渡らずに、バス道りから公園に入っていきます。公園をすでによくご存じで向かう先を決めていないのであれば、ここから右のほうに向かえば橋のたもと。

もっとよいのは、そのまま正面に向かうこと。そうすれば最初の目的地スモールタウンへの近道です。

スモールタウンに!休憩所もこちら

橋のたもとの入口から進むと「ときの広場」、そこを経由して遊具のあるスモールタウンに向かいます。看板には「ちいさなまち」と書いてあります。

ちょっとした遊具と休憩所があり、そこには自動販売機もあります。飲み物を調達したいならばここで購入できます。

ブランコやうねるチューブにロボット? のような遊具があります。

とはいえ目立つのはそびえ立つ斜面遊具。そこを上れば展望台になっています。幅広の滑り台は整備中。

見上げる壁は壮大!制覇すればロングスライダーに!

展望台からはウェルネスバレーの様子が一望できます。大府市と東浦町では健康・長寿に関する研究機関、施設を集積するウェルネスバレー構想を進めていて、あいち健康の森はその一環であり、象徴のようなものでもあります。

展望台へのアクセスは、そのまま遊具になっている斜面。踏破の手段は一般的な階段だけではありません。2段に分かれた壁にはいろいろな登坂手段が組みこまれているのが分かると思います。

クライミングウォールが中段まで設置されています。

いったん滑り下りるコンクリートの坂を挟んで

手掛かりの間隔がまばらなもうひとつのクライミングウォールもあります。

中段からはさらに多彩な上りにチャレンジできる趣向! よく見ると、上の滑り台だったらしきところは、ネットが被されています。公園としては、この辺の刺激度とのバランスが苦慮するところなのでしょう。

上にのぼって右の方向、そのまま展望台に向かうと、さらに先はロングスライダーのスタート台になっています。

ここからは、ふたつのロングスライダーが選べます。しかも種類の違う大きな滑り台。ロングスライダーが向かう先は、石の谷コンビネーションです。ところが、石の谷コンビネーションに向かうには別のルートもあるのが面白いところです。

ふたつのロングスライダーの違いは?

別ルートはひとまずさておき、ふたつのロングスライダーを見てみましょう。ひとつはローラー滑り台です。ローラー滑り台といえば景観のよいところに設置されるケースが多いものです。またはコンビネーション遊具の一部分として組み込まれるか、いずれかがほとんどでしょう。

あいち健康の森「子どもの森」の展望台奥がスタート地点のロングスライダー、より奥から滑る方のローラー滑り台は、続く石の谷コンビネーションの複合遊具には組み込まれておらず、単独のものです。ただし、遠くを見渡せる景観が売り物かといえば違います。

むしろ、森を突き抜けるトンネルのようになっているところが、却ってユニーク。冒険気分満点でとても「子どもの森」らしい遊具だといえます。

森のトンネルといっている雰囲気の分かる動画

こんな演出がテーマパーク風な所以です。

展望台横の手前から滑るのは、グリッサンド滑り台。

こちらは遠くまでは見通せないにせよ、石の谷コンビネーションを横目に見ながら、キャットウォークの吊り橋の下まで降りていきます。それなりに展望もきいています。

ロングスライダーは別の機能を果たすものがもうひとつ

子どもの森にはもうひとつ、ロングスライダーがあります。それは石の谷コンビネーションの最上部から、ほぼまっすぐに下りてきます。

他のふたつはなだらかに大きく、左右にカーブしながら下りています。

まっすぐのこちらは、機能的には石の谷コンビネーションに組込まれているといってよいのでしょう。あたかも石の谷コンビネーションの帰り道のようです。

展望台を経て来たとしたら、奥のスタート地点からのロングスライダーは、石の谷コンビネーションへのルート。残りのまっすぐのひとつは、石の谷コンビネーションの一部として機能しているといえます。

展望台から下りるグリッサンド滑り台は緑色、石の谷コンビネーションの上からスタートするのは外側が青く、滑走面が黒い滑り台です。

別ルートのトンネルもあり

別ルートのひとつはトンネルとなっています。場所はスモールタウンの休憩所のさらに奥に進んだところ。まさしくただの公園とは思えない演出です。

トンネルを抜けると複合(コンビネーション)遊具とロングスライダーが複雑に絡まりあった石の谷コンビネーションになっています。

石の谷コンビネーションはそうとう複雑

おおまかにいえば、石の谷コンビネーションは斜面に設置された複合遊具と吊り橋のキャットウォークがあり、複合遊具の最上部のデッキがトンネルに繋がり、さらに階段を登れば展望台奥にあるふたつのロングスライダーのスタート地点という具合になっています。

複合遊具もかなりの規模で仕掛けも多彩です。

そこそこの大きさのジャングルジムが、まるまる組み込まれています。塔の最上階への渡りの役目も果たしています。

斜面へのチャレンジはネットあり、クライミングウォールあり。この複合遊具は上りがメインのようです。滑り台を下りて、また上る経路ということでしょう。ロングスライダーならば上りにいかに面白い仕掛けを持ってくるかはお約束の工夫です。

リングトンネルはネット付き。落ちそうな幅でも怖そうな高さでもないです。念のためですね。

スタート地点と思われる最下部からは階段の他にロープを使う斜面が! その先は縦方向へのトライが仕掛けられています。

円周の半分は足場です。意外にとっつき易いかも。

ショートカットもいろいろです。

展望台奥のふたつのうち、緑色の滑り台はこの辺りに下りています。ローラー滑り台は複合遊具が設置されている場所よりもっと奥、ちょっと離れたところまで行きます。そこから複合遊具の下まで戻ってくるような感じです。

キャットウォークは幅の狭い吊り橋です。複合遊具は何回か上り下りすることになるでしょう。そして、満足したならばキャットウォークは石の谷コンビネーション最上部からの脱出路のような動線です。

複合遊具の下から上ってくる道と合流して、次のエリアに向かうことになります。

北の原っぱには自動販売機も!

ツリーハウスに向かう途中は北の原っぱ。看板に大きな木の家と書いてあるのがツリーハウスのことです。

スモールタウンに続いて、北の原っぱにも飲料の自動販売機があります。

キレイなトイレも整備されています。

園内のトイレはしっかり子ども対応しています。

最後に目指すのはツリーハウスとウッドサーキット

ローラー滑り台がぐるりと取り巻く巨木を模ったオブジェ。

中の螺旋階段を上れば…

ローラー滑り台のスタート台であり…

ツリーハウスに向かう吊り橋のたもとでもあります。

反対側の地上から見れば、木のオブジェの上に立てられている小屋なのだと分かります。

機能的には展望塔です。

吊り橋の下も通り抜けている木の回廊がウッドサーキット。床が木なのでウッド、周回しているからサーキットということでしょう。

ただ周回しているだけでなく、大胆なコーナーやバンクがあるのが特徴です。

バンクではやはり大胆な走りが可能!

ただしモーターレーシングのサーキットというよりも、モトクロスのコースに例えたほうが正しそう。障害物やうねりなどが加えられています。

このネットを下りた周回路の内側には

ザイルクライミングが置かれています。そこそこ大きなザイルクライミングがすっぽり内側に収まっているのを見てもウッドサーキットが広く豪快な遊び場だと知れることでしょう。

バンクの部分もそうですが、チャレンジングな仕掛けのある場所は思いっきり遊べるように本道から外れています。

一見なんでもないようでいて、とても興味深い、面白い遊び場になっています。

広いあいち健康の森で何ができる?

地域のウェルネスバレー構想もあり、訪れる人にいろいろな価値を提供しているあいち健康の森。公園だけでなく注目の施設があります。

あいち健康の森施設一覧
施設名 特徴 利用料金
あいち健康の森公園
子どもの森(今回特集したエリアです) 無料
大芝生広場 大規模複合遊具で遊べます 無料
さんさん広場 大型遊具で遊べます 無料
芝生広場 大型遊具で遊べます 無料
あいち健康の森あいち健康プラザ
健康開発館 健康に関するさまざまな講座の開催
アスレチックルーム・温水プール
プール
トレーニング
健康評価
など有料
健康科学館 健康や体に関する展示 入場料有料
健康情報館 健康に関する図書、資料の閲覧 閲覧無料
健康宿泊館 宿泊施設 有料

ゆくゆくは子どもの森以外の遊具広場やその他施設など、あいち健康の森公園の他の部分もご紹介してみたいと思っています。

あいち健康の森「子どもの森」を訪れるには(アクセスについて)

住所:愛知県大府市森岡町9丁目300番地

駐車場は広くて無料です。子どもの森を利用する場合、バス停留所も目の前。本数は限られています。最寄駅からは2 kmほど。歩いて行けるかどうかは、子どもの体力によるでしょう。

【自動車を利用する場合】

駐車場:無料(805台)

第2駐車場245台(子どもの森へは専用架け橋が!)

第1駐車場460台、第3駐車場100台は子どもの森とは反対のサイドです。子どもの森利用には向きません。

最寄インターチェンジ:知多半島道路大府東海(約10分)

大府東海I.Cからは東に向かうと近く、分かり易いです。伊勢湾岸道路からきたならば大阪方面からは名古屋南I.C、東京方面からは豊明I.Cで下りてもよいでしょう。そのまま名四国道(国道23号線)を共和I.Cに向かうのが分かり易いです。けれども、もっと距離が短い道はあります。約20分が目安になります。

【公共交通機関を利用する場合】

最寄駅:JR東海道線大府駅前よりバス約6分

最寄バス停留所:あいち健康の森公園(知多バス大府循環線、大府C線)
バス料金:大人210円(小児110円)

公園に向かうような時間ならば、毎時1本は確保されています。時間帯によっては1時間に2本の場合もあります。

中部国際空港から向かう場合、名鉄常滑線で尾張横須賀駅より大府駅行の知多バス(横須賀線)で東半月下車徒歩15分のルートもあります。

まとめ:こどもの森で味わえる独特の世界観

他にも遊び甲斐のある遊具があるあいち健康の森公園ながら、子どもの森は丘陵地を巡る冒険テイストが効いていて、独特の世界観を味わえる遊び場です。下手をすれば、他を回ることなく一日費やしてしまいそうな規模と内容です。

周辺は農業も営まれていながら、適度に市街地もあり大府駅前の商業施設もすぐそば、また少し視線を拡げればロードサイドのお店もたくさんあります。あいち健康プラザ健康宿泊館のレストランや入浴施設は一般客も利用できます。

ビュフォーアフターの利便性も高い公園です。やはり公園内の他の施設含めて、何度も訪れたくなる公園に違いはないです。

公式サイトURL:公園にあそびにいこう!あいち健康の森公園

スポンサーリンク

5,000円以上のお求めで送料無料

  • ツイッター
  • インスタグラム
スポンサーリンク