出産前にそろえておきたいアイテムの1つとして、マザーズバッグがありますが、出産してみないと使い勝手がわからないという新米ママに
是非下記項目を参考にしていただけたらと思います。

軽さ

もちろん見た目はとても重要ですが、一番は軽いことがとても重要です。

赤ちゃんを抱っこしながらバッグを持つことは以外と大変です。思うように姿勢もくずせないので、軽量のバッグであることが第一条件といえるでしょう。

さらに、赤ちゃんとの外出は想像以上に荷物が多いのです。ミルク、哺乳瓶、おむつ数枚、おしりふき、ぐずった時ようのおもちゃなどなど。プラス自分の持ち物、帰り道にお買い物をしたときには、、想像してみてください。

マザーズバッグ選びで一番大切なのはママの負担が軽くなるような軽量バッグを選ぶことです!そこで、軽量のバッグでおすすめな素材はというと、キルティングや生成り生地のマザーズバッグです。

どちらも非常に軽く丈夫なので、マザーズバッグとしては最適です!キルティング素材は汚れがつきにくいですし、生成り生地は洗濯でジャブジャブ洗えますので、どちらも汚れを気にせず使えるという点でもおすすめです。

ななめがけタイプ

2つ目のポイントととして、赤ちゃんを抱っこしながらの買い物で両手が空くというのは大事です。

そこでおすすめな形がななめがけタイプです。このタイプのバッグはバッグの中をのぞかなくても手を伸ばせば物も取り出しやすいので、お財布や鍵をさっと取り出せますよ!

両手があくというところでは、リュックも候補にはいりますが、いざ使ってみると、お財布や鍵を出すときに一度リュックをおろして取り出さなければいけないので、意外と大変です。

また、リュックと抱っこ紐は片ひも部分が重なるので、先にリュックをしょってしまうと、リュックを下ろすときにまず抱っこ紐を一度はずさなければいけないという事態も発生します。

そうなると雨の日には本当に大変なので、どうかリュックを使用するときは装着する順番にはお気をつけください。

とはいえ、ベビーカーで外出する際には、リュックはとても便利ですので、用途によって分けて使い分けるのも良いですね。

また、肩がけバッグはズルズルと肩から落ちてきますので、赤ちゃん連れの外出時には不向きです。

大きさ

前でも述べたように、とにかく赤ちゃん連れての外出は荷物が多いです。そして、どの荷物もかさばるものが多いです。

バッグの容量の目安は、大人1人が1泊旅行できるくらいあれば安心です。そして、できればバッグの中に仕切りがあると更に便利です。仕切りがあれば整理整頓もしやすいですし、赤ちゃんがぐずったときにすぐに取り出せるので慌てずにすみます!
まとめ

やはり一番は軽量を重視して選ぶことが大事です。最後に、選ぶなら自分の気に入ったデザインであれば尚更よいですよね!今はおしゃれなデザインのマザーズバッグがたくさんあります。

是非上記ポイントも考慮しながら自分好みのマザーズバッグを選んで、赤ちゃんとの外出も楽しんでください♪

スポンサーリンク

5,000円以上のお求めで送料無料

  • ツイッター
  • インスタグラム
スポンサーリンク