バッグの選び方

私のマザーバッグの選び方⑧「20代後半女性」

初めてのマザーバッグ選び!どんなものがいい?

初めての妊娠、出産。そろそろ赤ちゃんを連れておでかけもしたい!買いものに行くだけでも荷物がいっぱい!

さぁ、いよいよマザーバッグの出番です。だけど初めてだとどんなものを選べばいいのかちんぷんかんぷんですよね。

リュックタイプやトートバッグタイプと様々な形のバッグがありますが、ライフスタイルによって向き不向きがありますので自分に合うものを見つけましょう!

バッグのタイプ別メリット

まずは自分のライフスタイルで、車をよく使うのかどうかによってオススメするタイプが変わります。

車をよく使うのならまずリュックタイプは効率が良いとは思えません。車内でオムツを替えたり、よだれを拭いてあげるのにガーゼを取り出したりする際にすぐに取り出せる方が良いのでトートバッグが1番使いやすいです。

リュックタイプが最適なのは抱っこやベビーカーでの移動が多いママさんで、買い物中にぐずりだすと抱っこにチェンジしたりする事も多々ありますのでベビーカーとはいえ常に両手はあいている方が絶対にいいです。

買い物した食材などをリュックにつめることもできますので、抱っこだけで買いものに行くにしても便利なのはリュックと言えます。

他にショルダーバッグもありますが、こちらはあまりオススメしません。重心が片側に集中してしまうのでママがとても疲れてしまいます。

どんなものを選べばいいかわからない!

オススメのバッグタイプを知ったところで、今度はどんな形状や機能のあるバッグを選べばいいのか悩ましいですよね。

トートバッグタイプなら容量が大きめで仕切りやポケットのあるものを選ぶと良いです。バッグインバッグが付いていれば尚良しですが、無ければ手持ちのポーチで代用できるものなのでそこは重視しなくて良いです。

トートバッグは中のものを探すのに一苦労なんてことがありますから、間仕切りやポケットで小分けしておくのが便利です。

リュックタイプの場合ですと、やはりお財布などをすぐ取り出したいのにわざわざ下ろすのが面倒…なんて事があるのでサイドジッパーがあり背負ったままで取り出せるものや、素材としては防水をオススメします。

抱っこでリュックを背負って雨の中買い物にいくと、傘をさしますよね。赤ちゃんが濡れないように…とママは傘を少し前方へさす方が多いのですが、そうすると帰宅したらリュックがびちゃびちゃ!なんて事があります。

他には母乳育児のママだとすごく喉が乾きやすいのでドリンクホルダーのついたリュックも使い勝手が良いですね。

全てのタイプに共通して選ぶべきポイントは

ここまでタイプ別にご紹介してきましたが、どちらのタイプにしても外せないポイントは「軽いもの」です。

赤ちゃんを抱っこしたままでのマザーバッグの持ち歩きは想像以上に大きな負担になり、月齢があがればあがるほど辛いものです。極力軽いものを選ぶと軽減に繋がりますのでこれもこれからマザーバッグを選ぶ時に重視すると良いでしょう。

あなたのライフスタイルにはどのバッグが合うか参考になりましたか?赤ちゃんとのお出かけを楽しむ為に、ぴったりなマザーバッグが見つかると良いですね。