全国一の栽培面積と生産高を誇る「もも」、「ぶどう」(さらに「すもも」でも日本一)が「さくらんぼ」に続いて旬の季節を迎えます。山梨の夏はまさにおいしい季節、特にくだものならば多くの子どもも大好き!

山梨県、それも甲府盆地といえばフルーツ。フルーツ王国はやはり収穫を迎える初夏からが本番を迎えます。おいしい思いもいっぱいできる夏の山梨、盆地らしく果物の旬の季節の暑さでも有名です。

だからこそ果物とともに子どもを魅了する公園があり、夏だからこそ思いっきり水遊びできる場所があったとしたら、まさしく一石二鳥のお出かけ。

公園内までも果樹が立ち並ぶ笛吹川フルーツ公園の「アクアアスレチック」はたまらない夏の思い出になり得る水遊び場です。

子どもと遊びに出かけて「ここはいいな」と思えた場所をご紹介しています。夏ならではの時間を過ごせる水遊び場のある笛吹川フルーツ公園。

同時に豊かな実りをお得に味わえる直売所が魅力です。そんなくだものをお土産にもできる山梨の甲府盆地周辺。その水遊び場をいくつか特集してみたいと思います。

山梨の夏なら体験したい、暑い夏の一服が楽しい水遊び場

これがおススメ! 山梨県甲府盆地周辺にある完全無料の水遊び場
場所 概要 料金
笛吹川フルーツ公園 「アクアアスレチック」 じゃぶじゃぶ池なだけでなくアスレチック感覚の遊具が揃う。 無料
御勅使南公園 「徒渉池」 じゃぶじゃぶ池の真ん中にてっぺんから水が湧き出るふたつの山が! 無料
富士川クラフトパーク 「大噴水」 真ん中の滝を挟んで水路になった流れあり。 流れの先には大きな噴水があり水浴び。 無料
愛宕山こどもの国 「ライオンの池」 自由広場の頂上にあるじゃぶじゃぶ池では さまざまなイベントが! 無料

ご紹介するのは完全無料(その気になればまったくお金を使わずに遊べる)の水遊び場だけです。

Contents

笛吹川フルーツ公園「アクアアスレチック」の水遊びは豪快!

丘の上の滝から渓流をへてアクアアスレチック遊具が集中するじゃぶじゃぶ池に至ります。

豪快に遊べる遊具のラインナップが出色! 山梨市にある笛吹川フルーツ公園の「アクアアスレチック」ではどんなふうに遊べるのか、詳細をみてみましょう。

グラグラを乗り越えて進め!「イカダ橋」

白いフロートになっている板が連結されています。イカダ状になっている橋はとてもグラグラします。ここを渡ってみるのがイカダ橋。落ちずに進めるか! いや落ちてみるのも面白いのかもしれません。

3歳からと案外対象年齢が低いです。渡る速さを競ってみたりではなく、グラグラを楽しんでということ。立って歩くのが自信なければはって渡ってみてはということです。

自力も他力もOK! 「イカダ渡り」

イカダ渡りのほうは白いフロート板は吊り篭のようになっています。ロープを手繰って進むのもよし。誰かに引っ張ってもらうのもよし。

水上を滑走するのは気持ちよさそうです。小さな子どもはしっかりつかまって他力本願で!

オーバルとボールの複合コースが楽しい「浮き玉渡り」

オレンジ色の長円の浮き球が連結されてその上を渡ります。最初と最後に浮き球があり挟まれて吊り下げボールのある橋の部分があります。

こちらも立って歩けなければはってと書いてあります。けれども手すりがあって高い位置、低い位置にそれぞれ配備されています。頑張って手すりで渡ってみたほうが楽しそうです。

水には落ちません、小さな子どももバランスにチャレンジ「丸太橋」

いわゆる吊り丸太渡りそのものです。水場を渡るまさしく橋ですが丸太から落ちても下をカバーする板の橋に落ちるだけです。

ただの丸太橋とはちょっと気分が違いますね。

水場を渡って眺めてみる「親水橋」

実は以前は長い丸太棒を使った渡りだったのがリニューアルしています。今の形は渡り自体は何も難しくありません。

まったりと水場に親しむ。こちらも気分重視の遊具です。

遊具の集まる下流の池に水を供給する「渓流」

山の渓流の雰囲気があります。上流の滝のある池から遊具のあるところにこの渓流を経て水が供給されています。

最後の階段状のところでよく分かる通り水流はたっぷり。気持ちよさの秘密はここなのかな。

アクアアスレチックの始まりの場所は「滝」

アクアアスレチックを流れる水の大元となっているのがこの岩場を模した場所。上部から水を供給しています。

岩場を流れる滝だけでなく強烈に水に打たれる流れもあります。

滝の裏側に回る通路があって洞窟の雰囲気。

滝の裏側からアプローチもできるのです。

滝の前の池は遊具はないですがちょっとしたプールのよう。

本格的に水泳するまではいきません。とはいえぷっかり浮いてみるくらいの水は湛えられています。

水辺にはモグラトンネルなどの遊具も

ネットのトンネルを渡るのが「モグラトンネル」。

アクアアスレチックだけでなく水とは関係のない遊具もあります。

展望台にもなる? なんのために登るのか!「アルプス越え」

ロープを使った斜面登りが「アルプス越え」。

山を登るのはそこに山があるからという有名な哲学があります。アルプス越えに登るのは展望を楽しむため?

後ろ側は階段です。きつい斜面登りをしなくても登れる配慮がある所を見るとやはり展望台を兼ねているのでしょうか。いずれにせよ笛吹川フルーツ公園の眺望は苦労した甲斐は充分あるものです。

一本橋は揺れを克服してクリア「ロープ吊り橋」

吊り縄に捕まってロープを渡ります。ある意味定番、安定した面白さを誇る遊具です。

複合遊具に組込まれることが多いと思います。こちらは単独のもの。

とても充実した水遊び場、遊びの環境はどんな感じ?

笛吹川フルーツ公園のアクアアスレチック、体を一杯に使って思いっきり遊べます。水場ならではの緊張感もあります。迫力ある遊びが楽しいです。

屋根付きの休憩スペースも用意されています。

笛吹川フルーツ公園にはきれいな芝生のエリアも随所にあります。遊具のある下流の池のそばの芝生は休憩にピッタリ。簡易型のテントを持ち込む方もいらっしゃいました。

遊具のある池の横の芝生の斜面の向うはウォーターガーデン、この一帯が水辺になっています。ただ、こちらは中に入らないでと注意書きがあります。

自動販売機があるのはウォーターガーデンの横。

自動販売機のとなりのあたりにあるのがアクアアスレチックに一番近いトイレ。目の前は滝の上部です。

多目的トイレももちろん備わって、オムツ替えなどに使えます。

渓流のところにも屋根付きの休憩スペースがあります。

御勅使南公園、湧水池からの流れと徒渉池は遊具ともに

さて山梨県は甲府盆地、笛吹川フルーツ公園のアクアアスレチックはかなり魅力です。とはいえこのエリアまだまだ水遊び場があります。ちょっと見てみましょう。

甲府盆地の西側、南アルプス市にあるのが御勅使(みだい)南公園。遊具の見本市かと思うほどたくさんの遊びが揃っている公園です。

ふたつの山から水が噴き出しているのが「徒渉池」。おのおのの山、外側の斜面はウォータースライダーになっています。

徒渉池が稼働している期間の土・日・祝日だけ上流になる湧水池から水をだして流れができます。

流れは徒渉池に流れ込んでいきます。

流れの元になるのはこの湧水。

遊具の揃い方が尋常ではない御勅使南公園、幼児向けの複合遊具は水路の脇にも配置されていました。

大きくて広い池、山の頂点の噴水はけっこうな勢いがあります。水辺の楽しみものびのび、ゆったりできるのは御勅使南公園全体共通の特徴でしょうか。

富士川クラフトパークの大噴水は水浴びして楽しむ

甲府盆地から流れていく大きな水の流れが富士川、盆地を流れる笛吹川と釜無川が合流した先は富士川と名前を変えて太平洋に向かいます。信玄の隠し湯で知られる下部温泉の近く身延町にあるのが富士川クラフトパーク。その中の大噴水は気持ちのいい水遊び場です。

途中に滝を挟んだ流れがあります。流れの先には125個の穴から水が噴き出る大噴水があって水を浴びながら楽しめます。水はランダムに噴き出すのが面白いところです。

流れの途中は木陰になっていて水浴びをする季節にはもってこいの場所。持込の簡易テントなどが活躍していました。

愛宕山こどもの国

甲府駅の北、市街地にせり出すように迫る愛宕山にあるのが愛宕山こどもの国です。大型遊具が魅力の遊び場やキャンプ場、合宿施設、科学館などが集まる子どものためのスポット。

遊具のある自由広場の頂上のあたりからの水を使う「ライオンの池」。子どものための水遊び場が7月、8月にオープンします。

訪れた時にはちょうど真夏の愛宕山に雪が降るというイベントが行われていました。

夏休み以外の暖かい時期にはパワーパドラーという小学2年生までの小さな子ども限定の手漕ぎボート体験を行っている場所です。

山梨県のご紹介した水遊び場の利用可能な期間

夏の甲府盆地周辺、この季節ならではの楽しみを加えてくれる水遊び場。使える期間がいつなのかまとめておきます。

笛吹川フルーツ公園 アクアアスレチック

入園料:無料

利用時間:930分~16時(水が流れる時間、入場に制限はありません)

利用期間:4月~10月(水が流れる期間、入場に制限はありません)

定休日:無休

公式サイトへのリンク

御勅使南公園 徒渉池

入園料:無料

利用時間:駐車場は7時~19時(6月~8月は20時)

利用期間:429日~930日(湧水池からの流れは土・日・祝日)

定休日:無休

公式サイトへのリンク

富士川クラフトパーク 大噴水

入園料:無料

利用時間:930分~16時(大噴水の稼働時間、入場に制限はありません)

利用期間:4月下旬~10月中旬(大噴水の稼働期間、入場に制限はありません)

定休日:無休

公式サイトへのリンク

愛宕山こどもの国 ライオンの池

7月、8月はパワーパドラー(手漕ぎボート)体験はお休みにして子どもの水遊び場となります。

入園料:無料

利用時間:9時~18時(78月のみ、他の時期は17時まで)

定休日:無休

公式サイトへのリンク

山梨県のご紹介した水遊び場を訪れるには(アクセスについて)

笛吹川フルーツ公園

住所:山梨県山梨市江曽原1488(公園管理事務所所在地)

最寄駅:JR中央本線山梨市駅

バス便:山梨市駅バス乗り場フルーツ公園行(所要時間7分ほど)

最寄インターチェンジ:中央高速道路一宮御坂、勝沼より30分ほど

駐車場:無料(190台、24時間、混雑時には臨時駐車場もオープン)

御勅使南公園

住所:山梨県南アルプス市六科1588-2

最寄駅:JR中央線韮崎駅

バス便:韮崎駅山梨交通バス35系統「大草経由甲府駅行」

御勅使南公園入口徒歩5分(所要時間20分ほど)

最寄インターチェンジ:

中央自動車道甲府昭和(東京方面)20分ほど

中央自動車韮崎(名古屋方面)15分ほど

駐車場:無料(300台、24時間)

富士川クラフトパーク

住所:山梨県南巨摩郡身延町下山1597

最寄駅:JR身延線下部温泉駅

バス便:ありません(駅よりタクシー推奨5分ほど)

最寄インターチェンジ:中部横断自動車道六郷15分ほど

駐車場:無料(556+大型車11台、24時間)

愛宕山こどもの国

住所:山梨県甲府市愛宕町358-1

最寄駅:JR中央本線甲府駅徒歩25分

バス便:JR甲府駅北口2番線乗り場

県立科学館行(土、日、祝日、夏休み運行、所要時間20分ほど)

最寄インターチェンジ:中央高速道一宮御坂、甲府昭和より30分ほど

駐車場:無料(200台、8時30分~17時15分、7、8月は18時15分)

まとめ:夏だからこそ山梨の公園、旬のフルーツと水遊び場に注目

果樹の恵みがぎっしり結実したフルーツ、暑い季節に頬張る喜びはたまりません。旬の恵みを授かるためにフルーツの本場、山梨に足を延ばしたならば水遊びでも気持ちよく遊ぶ選択肢があります。こうなるとお出かけプランはまさに一石二鳥。

甲府盆地の地形からくる抜群の眺望までついてくるスポットもあります。さらにはご紹介する水遊び場のある公園にはもれなく子どもが目を見張る大型遊具も設置されています。

こうなるとどれだけの遊びが凝縮された時を過ごすことになるのか。心から子どもと楽しむ夏の公園を満喫して頂けたらと思います。

ご紹介した公園の詳細や詳しいアクセス方法などは関連記事でお届けします。

関連記事:

【山梨県山梨市、人気の遊び場】子どもと無料で楽しむ公園 笛吹川フルーツ公園

【山梨県南アルプス市、人気の遊び場】子どもと無料で楽しむ公園 御勅使南公園

【山梨県身延町、人気の遊び場】子どもと無料で楽しむ公園 富士川クラフトパーク

【山梨県甲府市、人気の遊び場】子どもと無料で楽しむ公園 愛宕山こどもの国

スポンサーリンク

5,000円以上のお求めで送料無料

  • ツイッター
  • インスタグラム
スポンサーリンク