広い公園の東側の一角は、完全に子どものための場所になっています。成長に合わせた規模のふたつのコンビネーション遊具と、園内の起伏を活かしたアスレチックが、それぞれに別の魅力を放ちます。 子どもと遊びに出かけて「ここはいいな」と思えた場所をご紹介しています。成田に向かう東関東自動車道に、市の名前のインターチェンジがあるため知名度はそこそこな場所。その四街道市を代表する総合公園にな ...
広い芝生広場の向うで、遠目でも存在を誇示するのがカルチャービレッジの竜の遊具。ネットを使い、ローラー滑り台が組み合わされたユニークなものです。特にネットで作られた回廊はただ見るだけでも、中を渡ってみても大迫力です。 子どもと遊びに出かけて「ここはいいな」と思えた場所をご紹介しています。ネット遊具といえばトランポリン風に平面的に展開しているか、ザイルクライミングとしてあたかもジ ...
大きな国営公園のちょうど真ん中辺り、広々と気持ちのいい芝生広場が広がります。昭和記念公園のみんなの原っぱと呼ばれるエリアで、その南の端に「わんぱくゆうぐ」という場所があります。 昭和記念公園の遊具といえば、「こどもの森」にある全国有数の規模のものが思い浮かぶでしょう。「わんぱくゆうぐ」はこどもの森に並ぶ、昭和記念公園の2つの遊具スポットのうちのもうひとつ。 子ど ...
「雲の海」は国内を代表するふわふわドーム、「虹のハンモック」もこれまた国内最大級を誇ります。大規模複合遊具の「森のとりで」に、空と風、ふたつのローラー滑り台も用意されて、あらゆる遊具の種類が揃っている! といえるのが東京都立川市の国営昭和記念公園の「こどもの森」という遊び場です。 目立つ遊具が並んでいるだけでなく、面白い演出の効いた展望台や広場が配置されて、装いはまさしくテー ...
公園遊具の中でも、ひときわ特別感があるのが「ふわふわドーム」。どこでも遊具の花形となるのは、ローラー滑り台などのロングスライダーでしょう。ふわふわドームもそれに並び立つものとはいえ、管理面で大変という事情から、いまだにとても貴重な存在となります。 その「ふわふわドーム」を代表するスポットのひとつなのが、国営昭和記念公園こどもの森にある「雲の海」になります。東京都立川市にあるこ ...
複雑に絡み合う、さまざまな種類の遊具が探検気分を盛り上げます。まさしく「木曽三川たんけんランド」の名前にふさわしい大型複合遊具の遊び甲斐はたっぷりです。 子どもと遊びに出かけて「ここはいいな」と思えた場所をご紹介しています。木製遊具の並ぶ「空中遊歩」のほうは、シンプルにアスレチック要素が強いです。 そして「木曽三川たんけんランド」のテイストを、そのままやさしくし ...
地方の行政では持て余す規模の公園を国で維持する! そんな考えもあるのが国営公園です。それだけにどこも大規模。多くが規格外のスケールを誇り、圧倒的な遊びを高い密度で提供します。 子どもと遊びに出かけて「ここはいいな」と思えた場所をご紹介しています。格段の規模の国営公園の中で、ひときわ異色の存在感を示すのは国営木曽三川公園。木曽川の流域にある13ヵ所の総称となっていて、中には子ど ...
この度フェンテはマタニティマーク応援の趣旨のもと、コラボステッカーを都営三田線に掲載開始いたしました。 掲載期間は2018年12月までを予定しております。 マタニティマーク 妊娠初期は、赤ちゃんの成長はもちろん、お母さんの健康を維持するためにもとても大切な時期です。しかし、外見からは見分けがつかないため、「電車で席に座れない」、「たばこの煙が気になる」など妊婦さんにはさまざま ...
公園入口の駐車場からすぐ近く、小さな子どもが思いっきり遊ぶのにちょうどよい遊具が並びます。その傍ら、水辺の広場がふたつの池を繋げています。幼児向けの「わいわい広場」の向うには下池。かたや反対側には、大きな上池が広がっています。 対岸に目を凝らしてみると、何やら大きな遊具が見えます。そこが「アドベンチャーキッズ」。袖ケ浦公園の豪快な子どもの遊び場です。やはり真打となるのはこちら ...
~フェンテstuffが綴る日常とたまにバッグのお話~ どうも!1歳の息子を溺愛するfuenteスタッフのリカコです。 明けましておめでとうございます。 本年もフェンテをよろしくお願いいたします。 2018年になりましたね! みなさまは年末年始どのように過ごされておりましたでしょうか。 私はというと、仕事のパパを置いて可愛い息子を連れて実家の静岡に帰省していました。 ...

5,000円以上のお求めで送料無料

  • ツイッター
  • インスタグラム
スポンサーリンク