~フェンテstuffが綴る日常とたまにバッグのお話~ どうも!1歳の息子(間もなく2歳!)を溺愛するfuenteスタッフのリカコです。 ここ最近、下の子が生まれてくることを知ってか知らずか甘えた具合が加速している息子。 グズグズしてワガママ言いたい放題の時が多くなってきて振り回されています(汗) もうすぐ終わる一人っ子時代!お兄ちゃん頑張ろうね! いつの間にやら妊 ...
一見すると、とても巨大な遊具。ところが近づいてみると面白いことが分かります。小山総合公園わんぱく広場にある、いろいろな遊びが集まる大型遊具には、注目すべき点があります。 まごうことなきコンビネーション遊具ながら、ひとつの大きなものではなく、小山市に築かれた小山にたくさんの遊具が並んで集まっている! というダジャレのような状態です。 いえいえ、そんなダジャレが興味 ...
~フェンテstuffが綴る日常とたまにバッグのお話~ どうも!1歳の息子(間もなく2歳!)を溺愛するfuenteスタッフのリカコです。 というわけで今回はだいぶ前になってしまいましたがGWにプチ遠出をしてきたぞ!という記事になります。 GWだけでなく週末に遊びに行くこともできる距離なので何かの参考になれば幸いです。 ていうか、もうすぐお盆休みじゃね?っていう時期に突入し ...
気持ちよく広がる芝生の広場には、大木のような遊具。ネットを伝って高く上っていけるこの遊具から見下ろせる丘には、遊びが詰め込まれた大スケールのコンビネーション遊具が設置されています。 わんぱく広場には、大型コンビネーション遊具とターザンロープ。周囲には大きな芝生広場となる平塚のはらっぱの巨大ネット遊具や、桜の広場に揃う幼児遊具。それらを併せた一帯が平塚市総合公園で子どもの遊びに ...
わんぱく広場にある大きなコンビネーション遊具は、圧倒なスケールのもの。とはいえ、平塚市総合公園のパフォーマンスは、それだけでは計り知れません。ここは、まだまだ楽しみがあるスゴイところです。 他にも大型遊具や遊びがあるということに留まらず、ここは都会のど真ん中。公式戦クラスのスタジアムもふたつ、都市の憩いの場としての機能も充分。だからこそ、夏の水遊びの場となる噴水からの流れも気 ...
群馬県ではここが最長といえます。どこでも公園の目玉となり得るのがローラー滑り台。その大きなものが倉渕せせらぎ公園にはあります。それも、ぐるりとループしている形状が独特。そして、山間を流れる清流のせせらぎを見下ろす斜面からの眺めも爽快。 子どもと遊びに出かけて「ここはいいな」と思えた場所をご紹介しています。自然に恵まれた環境の中、コンパクトにキレイに整備されて、遊びやすい公園で ...
町役場で見ると標高938 mの軽井沢は高原の地。煌めく日差しが眩くなれば、最高の季節を迎える避暑地、ここにも気持ちよく楽しく遊べる大型コンビネーション遊具のある公園があります。 子どもと遊びに出かけて「ここはいいな」と思えた場所をご紹介しています。屈指の別荘地として名高い軽井沢。かつての沓掛宿で、西武が開発の手を入れて発展した別荘地を背景とする中軽井沢の南側、中軽井沢駅近くか ...
~フェンテstuffが綴る日常とたまにバッグのお話~ どうも!1歳の息子(間もなく2歳!)を溺愛するfuenteスタッフのリカコです。 明けましておめでとうございます。とか言ってたブログが一番最近更新した記事でした・・・(笑) クッソずぼら感でてますやん・・・(笑) というわけで今はもう6月の後半に突入してます。 可愛い息子もあと2ヶ月で2歳!信じられない!2歳になる ...
遊んで大満足できるおすすめの公園での体験を、独自に撮影した写真でお伝えしている子どもと楽しむ公園特集。 しっかり解説してきた公園を、おすすめポイントをもとにランキングする特別編になります。首都圏編は、遠くても東京から小旅行程度で気軽に行けるところを選びました。 コンビネーション遊具について、感じた大きさを比較する公園5選 首都圏コンビネーション遊具大きさランキング 第1位 ぐん ...
1979(昭和54)年に開設されたのが、埼玉を代表する夏の屋外プールのひとつしらこばと水上公園。越谷市とさいたま市にまたがるエリアのうち、さいたま市の部分にコバトンの森が加わったのが2015(平成27)年のこと。これにより、しらこばと水上公園は夏だけのものではなくなりました。 子どもと遊びに出かけて「ここはいいな」と思えた場所をご紹介しています。スポーツ公園でもあり、大きな芝 ...

5,000円以上のお求めで送料無料

  • ツイッター
  • インスタグラム
スポンサーリンク